港北区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

日本代表三上・竹田選手 渡米前に優勝誓う 電動車椅子サッカーW杯

スポーツ

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
笑顔を見せる竹田選手(左)と三上選手
笑顔を見せる竹田選手(左)と三上選手

 電動車椅子に乗ってサッカー競技を行う世界大会「2017FIPFAワールドカップ」の日本代表に選出された、区内を拠点とするチーム所属の三上勇輝・竹田敦史選手が23日、公私共に付き合いのある新横浜のスポーツショップ「RODA」を訪れ優勝を誓った。

 電動車椅子サッカーは、自立歩行が困難など比較的重度の障害のある選手が、電動車椅子の前に、フットガードと呼ばれる器具を取り付け、1チーム4人でゴールを目指す競技。

 同大会は世界10ケ国が出場する電動車椅子のサッカーワールドカップで、米国フロリダで7月5日から10日の期間に開催される。日本は初開催の2007年大会は4位、11年大会で5位となっており、上位入賞が期待される。

 日本代表に選出された三上勇輝(港南区在住)・竹田敦史(町田市在住)の両選手は、区内鳥山町にある障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」を拠点に活動している「横浜クラッカーズ」のメンバー。日本代表への選出は共に初。

 両選手は今月9日〜11日に神戸市で行われた代表合宿にも参加。日本チームが掲げる「連動サッカー」を実戦したほか、他国チームの映像を見て対策を確認。30日に渡米する予定だ。

ムードメーカー

 チームのムードメーカー、三上選手は27歳。ラポールで行っていた体験教室への参加がきっかけで小学3年生同競技を始めた。持ち味は、強い当たりでも負けない強い体。加えて、首が動くので試合中に状況を把握して周りの選手に声を出して伝える役割を担う。「最高の舞台に立てることを今まで関わってきてくれたすべての人に感謝したい。優勝しますよ」と三上選手は力強く語った。

ゴール前のリベロ

 代表選手最年長の竹田選手は41歳。4年前に行われたアジアカップの日本代表にも選ばれたベテランだ。一人暮らしを考え入所した施設の職員に紹介され、競技を始めたのは今から21年前。ポジションはリベロ。相手チームの攻撃を防ぎながら、カウンターではドリブルで攻め上がる。竹田選手は「周囲の期待を背負って重責を感じるが、最高の結果を持ち帰りたい」と決意を口にした。
 

港北区版のトップニュース最新6

15年ぶりVへ、王手

横浜FM

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

創立50周年で記念式典

港北高校

創立50周年で記念式典 社会

応援ソングも披露

11月28日号

父親目線で子育て支援

papakoso

父親目線で子育て支援 社会

30日、岸根公園でイベント

11月28日号

フィリピンで障がい者支援

菊名出身の杉山さん

フィリピンで障がい者支援 社会

来日し現地の活動を報告

11月21日号

駅前に英国風花壇

綱島の市民団体

駅前に英国風花壇 社会

東急の助成金受け整備へ

11月21日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク