港北区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

「あやめちゃんに心臓移植を」 4つのRC(ロータリークラブ)が募金活動に協力

社会

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena
重い心臓病と闘う佐々木あやめちゃん
重い心臓病と闘う佐々木あやめちゃん

 重い心臓病と闘う2歳の佐々木あやめちゃん(川崎市川崎区)が米国で移植手術を受けられるよう、現在、両親や友人、知人らが募金活動を続けており、地域で奉仕活動を行う横浜北、横浜港北、横浜都筑、横浜日吉の4ロータリークラブでは、この活動に協力し、各ロータリークラブが開く例会の場等で募金活動を行っている。

 あやめちゃんは、生まれつき「左室心筋緻密化障害(さしつしんきんちみつかしょうがい)」という病気で昨年から小児用補助人工心臓を装着し、現在は埼玉県の病院で過ごす。小児用補助人工心臓は血栓ができやすく、脳梗塞になるリスクがあり、装着が長期になるとその確率が高くなるという。

 一方、国内での10歳未満の心臓移植の例が極めて少ないこともあり、両親は海外での心臓移手術を決断。米コロンビア大学病院への受け入れが決まったが渡航移植に3億1千万円がかかることから救う会を立ち上げ、JR川崎駅前などで募金活動を行っている。

 同会によると8月21日時点での募金総額は約8513万円。同会は秋口までにめどを立てたいとしている。詳細はホームページ(https://ayamechan.com/)。

港北区版のローカルニュース最新6

キャンパスの象徴に

慶応大学

キャンパスの象徴に 社会

日吉記念館、建て替え

4月2日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

黄色の絨毯、姿戻る

綱島の河川敷

黄色の絨毯、姿戻る 社会

住民らが菜の花育成 

4月2日号

AIで食品ロス削減可能

パン屋さんケーキ業態に

AIで食品ロス削減可能 社会

来店客数、販売数を予測

4月2日号

4月21日、歌う会中止

4月21日、歌う会中止 社会

港北童謡の会

4月2日号

プロの味 自宅で再現

中華街・招福門

プロの味 自宅で再現 社会

肉まんキットを新発売

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク