港北区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

「あやめちゃんに心臓移植を」 4つのRC(ロータリークラブ)が募金活動に協力

社会

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena
重い心臓病と闘う佐々木あやめちゃん
重い心臓病と闘う佐々木あやめちゃん

 重い心臓病と闘う2歳の佐々木あやめちゃん(川崎市川崎区)が米国で移植手術を受けられるよう、現在、両親や友人、知人らが募金活動を続けており、地域で奉仕活動を行う横浜北、横浜港北、横浜都筑、横浜日吉の4ロータリークラブでは、この活動に協力し、各ロータリークラブが開く例会の場等で募金活動を行っている。

 あやめちゃんは、生まれつき「左室心筋緻密化障害(さしつしんきんちみつかしょうがい)」という病気で昨年から小児用補助人工心臓を装着し、現在は埼玉県の病院で過ごす。小児用補助人工心臓は血栓ができやすく、脳梗塞になるリスクがあり、装着が長期になるとその確率が高くなるという。

 一方、国内での10歳未満の心臓移植の例が極めて少ないこともあり、両親は海外での心臓移手術を決断。米コロンビア大学病院への受け入れが決まったが渡航移植に3億1千万円がかかることから救う会を立ち上げ、JR川崎駅前などで募金活動を行っている。

 同会によると8月21日時点での募金総額は約8513万円。同会は秋口までにめどを立てたいとしている。詳細はホームページ(https://ayamechan.com/)。

港北区版のローカルニュース最新6

音の旅から絵を紡ぐ

音の旅から絵を紡ぐ 社会

大倉山でコンサート

6月17日号

市が返礼品募集

ふるさと納税

市が返礼品募集 経済

6月30日まで

6月17日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

7・8月対象日が特別料金

6月17日号

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

横浜出身関取は22年ぶり

6月17日号

桃色の珍花が色づく

桃色の珍花が色づく 社会

下田町・望月さん

6月17日号

ポステコグルー監督が退任

横浜FM

ポステコグルー監督が退任 スポーツ

15年ぶりⅤの立役者

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter