港北区版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

港北区薬剤師会 かかりつけ薬剤師を持つとは 坂本会長に聞く

社会

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena

 99の薬局が所属する職能団体『港北区薬剤師会』の坂本悟会長に、かかりつけ薬剤師の重要性のほか、2025年を目途にシステム構築が進められている地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割などを聞いた。

 医療機関で処方せんを受け取った場合に、その近くの薬局を利用する人が大半ではないだろうか?また、薬局と言えば、「処方せん薬を受け取るだけの場所」と思っている人も少なくないのでは?

 医療の中で地域住民にとって一番身近な”くすりの専門家”がいる薬局では、薬に関する相談を気軽にできる場所なのだ。また、健康に日常生活が送れる期間を指す「健康寿命」を伸ばすという視点から、近年では医師の処方せんがなくても購入できる要指導医薬品などのOTC医薬品の販売のほか、軽度の病気やけがを医師の治療を受けることなく自己治療するセルフメディケーションにおいて、大きな役割を担っている。

 区内で99の薬局が所属(2017年9月末現在)する港北区薬剤師会の坂本悟会長は、日常から”かかりつけ薬局”や”かかりつけ薬剤師”を利用することを推奨している。

 かかりつけ薬剤師は、現在使用している処方薬や市販薬などの情報を把握し、薬の飲み残しや重複、また、副作用などがないかなどを、1つの薬局で継続的にチェックしてくれる。また、必要に応じて患者の自宅に訪問し、健康や薬の相談にのるほか、薬局が開いていない時間帯も相談に乗る体制を整えている。

 かかりつけ薬剤師をもつためには、薬局で希望の薬剤師1人を指名。同意書に署名をすることで専任担当となるという。

地域包括ケア

 地域包括ケアシステムとは少子高齢化、医療制度の改革、医療費の抑制などの様々な背景から高齢者や慢性疾患を抱える人でも病院に長期入院するのではなく、住み慣れた地域や自宅で医療を続け”自分らしく”暮らせる仕組みを整える「医療・介護・住まい・生活支援・予防」が一体となったケアシステムのこと。団塊の世代が75歳以上になる2025年を目途にシステムの構築が進められている。

 在宅医療における薬剤師の役割は、自宅での療養を希望する患者に対し、処方される薬剤の正しい服用法や管理方法などを助言すること。医師や歯科医師、看護師、ケアマネジャー、理学療法士、作業療法士などからなる医療チームとの連携はもちろん、患者の家族などとつながりを持って地域密着の取り組みとして個々の生活状況を把握。健康づくりや衛生指導などさまざまな観点から患者をサポートすることが求められているのだ。

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 社会

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

日産スタジアムでヨガ

【Web限定記事】

日産スタジアムでヨガ スポーツ

5月23日10時半〜 申し込みはHPエントリーフォームから

5月13日号

港北区 新型コロナ感染者 前週比72人増

【Web限定記事】

港北区 新型コロナ感染者 前週比72人増 社会

 5月6日発表

5月13日号

「ジェンダー平等は社会の問題」

「ジェンダー平等は社会の問題」 社会

男女共同参画センター横浜北 白藤館長に聞く(下)

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter