港北区版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

今年20周年を迎えた篠原地区センター館長 山添 行男さん 保土ヶ谷区在住 60歳

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena

仕事はいつも笑顔で楽しく

 ○…9月23・24日に行われた篠原地区センター・篠原地域ケアプラザ開館20周年記念合同文化祭では、2日間でのべ5000人が訪れたという。「普段当館をあまり利用されない方も大勢来場されたことと、事故がなかったことが一番よかった」と満面の笑みで話す。華美にせず、しかし利用者に喜んでもらえる企画を、とクッキーの先着プレゼント、大道芸や寄席、クイズラリー等の企画を増やした。「でも、本当に利用者の方たちの協力なしでは成り立たないんですよ」と謙虚に感謝を述べる。

 〇…今年1月から館長に就任。昨年前職を定年退職し、公共施設の指定管理などの業務を行う現在の会社で第2の人生をスタートさせた。それまでは37年間、化粧品メーカーで営業マンとして働き、長距離通勤や単身赴任も。忙しくて地域コミュニティとつき合う機会がなかなか持てなかったこと、また直接お客様と触れ合う仕事がしたい、というのが今の仕事に就いた理由だったという。「これまでは、利益をどのように上げるかというのが仕事の目的だったが、今は利益をどのように地域に還元するかというのが仕事。今までにない面白さです」

 〇…仕事は「いつも笑顔で」がモットー。同センターのスタッフは、笑顔で仕事ができているのが特徴とも。「地域の方がいつもあたたかくて、周囲から助けられている部分も大きいのでは」と分析する。現在は空調・LED設備の工事で31日まで休館中。各部屋の手直しも行い、今後は冷暖房を各部屋で調節できるようになる。さらに、12月からは、受験勉強などで利用している学生向けに、静かに利用できる部屋も新たに用意するなど、サービス向上に努める。

 〇…これからは、家族旅行などの時間も多くとりたい、とも。7月に生まれた初孫の写真は携帯電話の待ち受けに。第2の人生の充実感が、明るい笑顔から滲みでるような取材だった。

港北区版の人物風土記最新6

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

市内在住 26歳

6月30日号

村野 明子さん

4月に開店したレストラン「SundayMondayKitchen」オーナーシェフの

村野 明子さん

新横浜在住 55歳

6月23日号

江島 大佑さん

パラメダリストで朝日スポーツクラブBIG-S綱島で指導を行うプロスイマー

江島 大佑さん

樽町在住 36歳

6月16日号

渡辺 祥広さん

5月27日―29日、新羽町でスカッシュの国際大会を開催した

渡辺 祥広さん

泉区在住 52歳

6月9日号

渡邉 啓(さとし)さん

発足10周年を迎えた、港北ボランティアガイドの会の代表を務める

渡邉 啓(さとし)さん

綱島上町在住 80歳

6月2日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区山手町在住 60歳

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

綱島でサマーフェス

綱島でサマーフェス

30回記念 7月2日・3日に

7月2日~7月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook