港北区版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

薬剤師がサポート 禁煙支援薬局

社会

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena
禁煙支援薬局の目印
禁煙支援薬局の目印

 地域における薬剤師の役割は多岐に渡っている。同会には横浜市薬剤師会認定の「禁煙支援薬局」がある。

 これは、禁煙方法や禁煙補助薬の正しい使い方を無料で相談できるという環境づくり事業の一環で、横浜市も協同。具体的には、【1】禁煙したいがやり方がわからない人に対して、その人に合った禁煙方法を提案【2】ニコチンガムなどの禁煙補助薬の正しい使用方法を説明【3】必要に応じて、医療機関の禁煙外来を紹介【4】区福祉保健センターと連携し、禁煙をサポート。

 区内の認定薬局は「プラス薬局」「(株)横浜菊名薬局」「薬樹薬局妙蓮寺」「田辺薬局妙蓮寺駅店」「調剤薬局ツルハドラッグ岸根公園店」「(株)菊名ふじ薬局」「光和薬局西口店」「いずみ薬局」「日吉堂薬局」「あおば薬局」「高田ファミリー薬局」「サエラ薬局高田駅前店」の12薬局。ピンク色のステッカーが目印となる。

学校薬剤師

 学校保健安全法の元に幼稚園、小中学校、高等学校などで健康診断を実施するほか、学校が保有するプールの一般細菌や大腸菌検出検査なども実施。また、災害医療対策として災害応急用井戸の水質や井戸周辺状況の調査も担っている。

災害時医療体制が変更

 港北区では7月から大地震発生時の医療体制が変更になった。地域防災拠点に医師や薬剤師らが参集して地域防災拠点を巡回していく体制がこれまでだったが、今後は発災時に被災を免れ、診療可能な医療機関と開局可能な薬局が医療を提供する。発災時には医療機関と共に、処方せんを調剤できる薬局には「開局中」と書かれた黄色い旗が掲示されることになる。港北区薬剤師会では現在、会員薬局が旗を掲示しているかどうかを把握するためのシステムの導入を検討。

 「会として、地域医療の更なる発展を目指す」と坂本会長は話す。

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 社会

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

日産スタジアムでヨガ

【Web限定記事】

日産スタジアムでヨガ スポーツ

5月23日10時半〜 申し込みはHPエントリーフォームから

5月13日号

港北区 新型コロナ感染者 前週比72人増

【Web限定記事】

港北区 新型コロナ感染者 前週比72人増 社会

 5月6日発表

5月13日号

「ジェンダー平等は社会の問題」

「ジェンダー平等は社会の問題」 社会

男女共同参画センター横浜北 白藤館長に聞く(下)

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「妙蓮寺本の市」を開催

「妙蓮寺本の市」を開催

5月15日、古民家HUGで

5月15日~5月15日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter