港北区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

映画をつくるワークショップ「ピリオド」代表 小林 富夫さん 菊名在住 61歳

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena

レンズを覗いて時代を見る

 ○…地域で行われている活動を記録し、映像化している同団体。区内のイベントに参加しながら、地域密着のドキュメンタリー映像の制作をプロデュースしている。現在は2012年以来の再演となる舞台「まぼろしの篠原城」に向けた準備に勤しんでいる。

 ○…ピリオド初の活動は、菊名らくらく市の撮影。出店している福祉団体などが、普段どのような活動をしているのかを映像に収めた。菊名・大豆戸周辺で毎年恒例となっている、「打ち水大作戦」は作品を撮るべく始めたものだという。「みんなで一斉に打ち水をしたら、川みたいになりそうだね!」という妙案から生まれた。また女優の五大路子さんと親交が深く、現在は五大さんの活動も記録し続けている。「息子さんが高校生のころ、一緒に映画を作ったこともあったんですよ」

 ○…普段はパソコン機器などのサポートを中心に個人事業を行っている。コンピューターが誕生したころから30年以上携わっており、「コンピューターに関して分からないことはないよ」と笑う。もともとはキャノンでカメラ・レンズ作りの仕事をしていたこともあり、生粋のカメラ好き。当時は日吉にある東京綜合写真専門学校にも通っていた。「普通の日の何気ない情景を撮るのが好き。これだっていう画が浮かんでこないと、いい作品は取れないものだよ」と力を込める。また最近は、写真やスマホ講座なども個人的に行っており、80代以上の人に教えることもあるのだという。

 ○…日曜の朝は綱島の東照寺で座禅。区内に引っ越してきてから、約30年も続けている。「座禅をしながらいろんなことを考えるうちに、理屈では語れない、大事なことが見えてくるんだ」。今後はピリオドで撮った作品のデジタル化や五大さんの活動を作品にしていきたいという。地域を通して、これからもレンズの向こう側に見えるピリオド(時代)を見つめ続けるのだろう。

特撰手織絨毯展 10月30日~

ルームズ大正堂 新横浜店で人気のギャベ・ペルシャ絨毯など300点以上展示

https://www.rooms-taishodo.co.jp/sale/teori.html

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月29日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月8日号

参遊亭遊助さん(本名:豆生田(まめうだ)信一さん)

社会人経験を生かした創作落語などを、区内や海外で幅広く披露する

参遊亭遊助さん(本名:豆生田(まめうだ)信一さん)

新吉田東在住 63歳

10月1日号

大竹 英二さん

菊名でハーモニカ教室を開き、朝ドラ『エール』では楽器指導を担当した

大竹 英二さん

港北区在勤 51歳

9月17日号

金(きむ) 春江(ちゅんがん)さん

韓国伝統舞踊家として、区内や各都市で舞台に出演する

金(きむ) 春江(ちゅんがん)さん

港北区在住 56歳

9月10日号

松井 寿徳さん

小机の歴史を基にしたボイスドラマを制作した地域演劇集団スターリンクスを主宰する

松井 寿徳さん

港北区菊名在住 48歳

9月3日号

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク