港北区版 掲載号:2018年1月4日号
  • googleplus
  • LINE

小机小児童 こんにゃくづくりに挑戦 昭和村職員との交流も

教育

 市立小机小学校(田代千佳子校長)6年2組の児童が12月19日、自ら成長を見守り収穫したこんにゃく芋で、こんにゃくづくりに挑戦した。こんにゃく芋は、横浜市と昭和村との友好交流事業の一環で、群馬県利根郡昭和村から贈られたもの。6月に同校を訪れた昭和村職員が学校敷地内に植えつけ、その後、主に6年生児童が管理し、収獲した。

 この日の作業開始は朝9時ころ。自分たちで事前に調べて持ち寄った「こんにゃくの作り方」に沿って進めた。

 8グループに分かれて収穫した芋を洗い、皮をむき、細かく切ってミキサーにかける。最後の工程では皆で鍋を囲み、茹であがりを待った=写真。「手がかゆくなった」「(手に)べとべとつく」と互いに手を見せ合いつつ、皆、こんにゃくの出来上がりを楽しみしている様子だった。

 11時半過ぎ、出来上がった熱々のこんにゃくに醤油やワサビをつけて口に運んだ児童たち。「美味しい」「普段食べているものとちょっと違うかな」などと言いながら、手づくりの味を堪能した。

現地職員らが試食

 横浜市と同村は、人事交流の一環で職員を一人ずつ派遣し合っており、この日は、この2人が同校を訪れた日。11時半過ぎ、こんにゃくが出来上がると、児童はサプライズで2人に試食を依頼した。

 児童がつくったこんにゃくを頬ばった2人は「上手にできている」「こんにゃくを手づくりすることは、なかなかできない経験」と感想を口にし、こんにゃくをより上手につくるためのアドバイスを送った。ある児童は「(食べてもらって)うれしい」と充実した笑顔を浮かべていた。

 「(児童らの)こんにゃくをつくるという夢が今日叶い、次に料理をしてみたいとの夢が生まれたようです」と田代校長。昭和村職員と児童が交流する様子に「(児童が)周囲には自分たちを見守ってくれる人がいることを感じてもらえたら」と話していた。

トレッサ横浜

大切な人に思いを伝えよう。ハートDays開催!

http://www.tressa-yokohama.jp/

ヤマハ大人の音楽レッスン

無料体験受付中!トレッサ横浜の教室で音楽生活始めませんか

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/tressa/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

新監督迎え新たな船出

横浜F・マリノス

新監督迎え新たな船出

1月18日号

人生に光射す言葉を

夢工房だいあん

人生に光射す言葉を

1月18日号

「ものづくり」の魅力再発見

五輪までに100台設置へ

公会堂でスポーツシンポ

立憲民主 県連が発足

新築一戸建 ウィザースガーデン

1月28日までのご成約で家具・家電111万ポイントプレゼント

http://www.withearth.jp/bunjyo/2018kanagawa01/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「30年も明るく朗らかに」

「30年も明るく朗らかに」

21日、港北ほのぼの寄席

1月21日~1月21日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク