港北区版 掲載号:2018年2月8日号 エリアトップへ

映画「秘境ヒマラヤ」に記録された探検隊に参加していた 飯島 茂さん 岸根町在住 85歳

掲載号:2018年2月8日号

  • LINE
  • hatena

多様性を認める心を

 ○…1958年、戦後間もない頃。貧しく小さな探検隊は、秘境ヒマラヤへ足を踏み入れた。標高4150mの村でチベット系牧民を訪ね、学術班としてヒマラヤ北方高原の自然や住民について調査。野菜や肉のない生活を原住民とともにし、貧しさから生まれる彼らの知恵を目の当たりにしてきた。その様子を「秘境ヒマラヤ」上映会で垣間見ることができる。

 ○…「横浜駅から元町まで見渡せたよ。焼け野原だったから」。戦時中、生まれ育った横浜の中心地で見た光景には何もなかった。貧困に耐え忍ぶ生活から抜け出したい。旅してみたい。そんな思いが心のどこかにあり、京大で学んでいた社会人類学の知識を深めるため西北ネパール学術探検隊に参加した。貧しい牧民の文化は、驚かされるものばかり。なかでも印象的だったのは”鳥葬”。食事をしながら鳥が遺体を啄む様子を眺めていた。「その時は平気だったのに、帰国してから映像を見たら気持ち悪くなった」と笑う。

 ○…京大で教鞭をとった後、ロンドンや東南アジアで研究を続けた。東工大で教壇に立っていたこともあり現在は同大学の名誉教授という肩書きを持つ。引退した今はパソコンや英会話教室に通う。「忘れないように英語を習い続けているけど、イギリス人の先生に、古い使い方はやめましょうなんて言われちゃう」と肩をすくめる。子どもの頃から魚釣りが好きで、北海道や福井まで出向くことも。

 ○…「人には多様性がある。その一つひとつを理解しなければ、共存することはできない」。ヒマラヤ北方高原を始め、文化が全く異なる外国での生活や研究を通して学んだことだ。上映会の参加者には、映画を通して感じ取って欲しいという。「日本人は”みんな一緒でなければ”という意識が強い。でも人の生き方に寛大になることも重要」。この言葉の説得力は、過酷な生活を耐え抜いたからこそ生まれるものなのだろう。

港北区版の人物風土記最新6

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月28日号

阿部 和彦さん

飲食店救済のクラファンを企画した、「MADE IN HANDS」代表の

阿部 和彦さん

綱島在住 34歳

5月21日号

豊田 直之さん

水中写真家で、環境保全活動を行う「NPO法人海の森・山の森」理事長の

豊田 直之さん

菊名在住 60歳

4月30日号

吉田 崇さん

港北消防署長に就任した

吉田 崇さん

港北区在勤 57歳

4月23日号

大場 英美さん

30周年を機に、更なるサービス充実を目指す福祉クラブ生活協同組合の理事長を務める

大場 英美さん

日吉在住 57歳

4月16日号

太刀野 一夫さん

港北警察署長に就任した

太刀野 一夫さん

港北区在住 59歳

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク