港北区版 掲載号:2018年2月15日号
  • LINE
  • hatena

港北警察署 テロ対策協議会を発足 120団体が加盟

社会

あいさつに立った斉藤本部長
あいさつに立った斉藤本部長
 港北警察署は2月8日、「オール港北オリンピック・パラリンピック等対策協議会」を設立した。2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、官民一体となってテロ対策を行うことを目的としている。

 諸競技大会の開催地やキャンプ地として注目を集めている港北区。世界各地でテロが頻発している昨今、特に開催地の横浜国際総合競技場がある新横浜駅前地区は都市化が進み、大規模集客施設もあることから、テロ発生が懸念される。そのため安全なまちづくりを意識づけるべく、地域の民間企業や諸団体と官吏が手を取り合おうと、協議会は発足された。

 昨年7月頃に構想があがり、10月から年末にかけて各所で加盟を呼びかけた。警察署、区役所、区連合町内会、消防署をはじめ、120団体が集結した協議会は、「医療部会」「爆発物原料部会」「ネットカフェ部会」など10の部会に区分される。競技大会の開催前から終了するまで「こういう人・物に気を付けて」「海外でテロが起こった」「今日不審な人物が来店した」など各部会と相互に情報共有を行い、テロ発生の防止に尽力していく方針だという。

設立総会を開催

 同日、新横浜グレイスホテルで設立総会が執り行われ、関係者約90人が出席した。設立趣旨の説明や顧問・幹事紹介、ドローンによる横浜国際総合競技場周辺の空撮映像上映、新横浜駅を中心に巡回する自転車部隊の出発式などが行われた。

 あいさつに立った斉藤実警察本部長は「港北を代表する皆様が集まって協議会ができたことを嬉しく思う。官民の連携は世界でも例がない。日本のテロ対策のモデルになって欲しい」と話した。また、牧智明署長は「テロの起きないまちを作る必要がある。そのために官民が一体になって協議会を作ることに大きな意義がある」と力を込めた。

記章を作製

 今回の設立にあたり、協議会会員にむけて記章が製作された。エメラルドグリーンをベースに、区の花、梅と区の木、ハナミズキ、ラグビボールとサッカーボールが施されている。

港北区版のトップニュース最新6件

犯罪被害者支援、条例化へ

横浜市

犯罪被害者支援、条例化へ

12月13日号

太尾小、全国の舞台へ

マーチングバンド大会

太尾小、全国の舞台へ

12月13日号

需要増加に伴い体制拡充

市救急相談センター♯7119

需要増加に伴い体制拡充

12月6日号

市街地再開発組合が発足

新綱島駅前地区

市街地再開発組合が発足

12月6日号

文科大臣表彰を受賞

横浜マリノス株式会社

文科大臣表彰を受賞

11月29日号

子育てサロン、日吉で開所

新横浜障害年金相談センター

うつ病・脳梗塞・糖尿病・がんなど幅広い障害が「障害年金」対象 無料相談開催中

http://shinyokohama-shogai.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク