港北区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

港北区 「地域の力、応援します」 補助金事業の募集開始

政治

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena
2017年度に補助対象となった、子どもたちによるダンスの企画
2017年度に補助対象となった、子どもたちによるダンスの企画

 港北区では、地域の課題解決や地域住民のために自主的・主体的に行う団体の活動に対して補助金を交付しており、このほど2018年度の募集が始まった。

 港北区地域のチカラ応援事業補助金の対象となるのは、5人以上の団体で構成員が主として区内在住・在学・在勤、かつ区内を活動の場とするもの。活動内容や実績等により▽チャレンジ▽キックオフ▽スタートアップ▽地域元気づくり▽パートナーシップ――の各コースが設定されている。

 補助金の上限は各コースで異なり、最高30万円。団体同士の交流会も実施される予定だ。対象となるのは、例えばスタートアップコース(補助金上限5万円※補助対象経費の5分の1以上の自主財源が必要)は、子育て支援など、これから地域の課題や地域住民のために始めようとする取組み。

 応募期間は3月9日までだが、今回からスタートアップコースのみ通年で申請を受け付ける。受け付けは平日午前9時〜午後5時。場所は港北区役所地域振興課地域力推進担当【電話】045・540・2247。事前連絡の上、申請書類持参のこと。申請書をもとに事業の審査・選考がある。

 このほか、18年度からは補助対象事業とならなくても、活動団体のニーズに応じて立ち上げ時や事業運営に関して行政職員や大学教授等がアドバイスする取組みも始める。

2月16日に相談会

 補助金全般や申請書類の揃え方、対象事業の詳細等に関する質問を受け付ける相談会があす2月16日(金)に行われる。時間は午後7時〜同8時30分で、会場は港北区役所4階2号会議室。

 担当者は「地域の課題解決につながる活動を支援できたら。何か始めようと思っている方に補助金をうまり活用してもらいたい」と話している。

港北区版のローカルニュース最新6

自分らしく暮らすために

自分らしく暮らすために 社会

篠原で「終活セミナー」

10月17日号

「また会いたい」

新羽小児童

「また会いたい」 スポーツ

横浜FM(エフマリノス)選手とサッカー

10月17日号

書家・齋藤さんが個展

書家・齋藤さんが個展 文化

26日から鎌倉芸術館で

10月17日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

10月17日号

在宅医療・介護を考える

在宅医療・介護を考える 社会

きょう港北公会堂で講演

10月17日号

歌と踊りで交通安全

歌と踊りで交通安全 教育

日吉台中で

10月17日号

楽しく水を身近に

楽しく水を身近に 社会

ウォータープラザまつり

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境内でジャズコンサート

境内でジャズコンサート

10月21日、妙蓮寺

10月21日~10月21日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク