港北区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

港北区制80周年記念事業企画委員会の会長を務める 川島 武俊さん 篠原町在住 66歳

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena

次世代へバトン

 ○…2019年に区制80周年を迎える港北区。昨年秋に80周年記念行事実行委員会および企画委員会が立ち上がり、その会長職に推された。先月の第1回会議では、記念式典やハナミズキ植樹、ロゴ作成や記念誌作成、新・横浜花火大会などの主な事業案が示され、今後具体案をつめていく予定だ。「今、港北は新住民が増えている。この機会に区内の歴史・文化・街の魅力・先人の遺産を知り直し、よりよい未来をつくるきっかけとなれば」

 ○…九州は佐世保の生まれ。大学進学で上京。日本鋼管に入社し、30年前に現在の地に居を構えた。地域活動の役職を多数兼任しているが、発端は55歳の時。自宅のある篠原町グリーンコーポ自治会会長が突然逝去。定年後にと口約束していた会長職を前倒しで引き受けた。その数年後には、篠原地区連合自治会会長、同区社会福祉協議会事務局長に。65歳まで都内に通勤していたため両立が本当に大変だった、会社の方を上手にごまかしたりして、と豪快に笑う。昨年には防犯協会会長も引き受け「もう自分でも何やっとるかわからんのよ」などと冗談めかし、大層な志などないとうそぶくが、本音は「活動は自分の活力源」。自治会も社協も防犯も根っこは地域がよくなることが目的、と。

 ○…時間のやりくりが大変な中、ここ数年で各会議で提案してきたのは効率化。会議の回数を見直すなどしてきた。また、連合町内会の各会長が地域イベントに慣例で全員出席していたのを持ち回り制にするなど実現。「皆が健康で地域活動を長く続けられるように」と考えてのことだ。次世代へ地域活動のバトンを渡すにも業務の見直しは必ず必要、が持論。

 ○…じっとしているのは苦手。退職後は妻の代理で頻繁に買物も。歯に衣着せぬ物言いがトレードマークで、取材中何度も「立派なこと書かなくていいよ!」と。照れ屋な九州男児の一面を垣間見た気がした。

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

相沢 淳(じゅん)さん

港北区薬剤師会の会長を務める

相沢 淳(じゅん)さん

日吉在勤 59歳

7月7日号

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

市内在住 26歳

6月30日号

村野 明子さん

4月に開店したレストラン「SundayMondayKitchen」オーナーシェフの

村野 明子さん

新横浜在住 55歳

6月23日号

江島 大佑さん

パラメダリストで朝日スポーツクラブBIG-S綱島で指導を行うプロスイマー

江島 大佑さん

樽町在住 36歳

6月16日号

渡辺 祥広さん

5月27日―29日、新羽町でスカッシュの国際大会を開催した

渡辺 祥広さん

泉区在住 52歳

6月9日号

渡邉 啓(さとし)さん

発足10周年を迎えた、港北ボランティアガイドの会の代表を務める

渡邉 啓(さとし)さん

綱島上町在住 80歳

6月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

講座「ボランティアをやってみようと思ったけれど…」

【Web限定記事】

講座「ボランティアをやってみようと思ったけれど…」

港北区福祉保健活動拠点で7月22日

7月22日~7月22日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook