港北区版 掲載号:2018年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

党員に市政・国政を報告 公明党港北支部が支部会

政治

市政報告をする望月市議(左)
市政報告をする望月市議(左)
 公明党港北支部は2月28日、2018年に入って初となる支部会を港北公会堂で開催。党員約220人が参加した。

 当日は同支部支部長であり、港北区選出の横浜市会議員の望月やすひろ氏が登壇。2月27日に行われた予算関連質疑の中で「新たな中期計画の策定」や「2025年に向けた医療提供体制の確保」など21項目43問の質問をしたことを報告した。加えて、18年度予算案には「保育士の処遇改善」や「国民健康保険事業」など公明党の主張が反映されていることや、25年供用開始予定で東部方面に新たな斎場が整備されることなどの市政報告を党員に対して行った。

 また、佐々木さやか参議院議員は「公明党横浜市議団と共に幼稚園の預かり保育無償化を求める要望書を文科省へ提出してきました」と話した。

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

野外ライブのひとときを

梅の丘公園音楽祭

野外ライブのひとときを

9月22日 午後0時45分〜

9月22日~9月22日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク