港北区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

県政報告【13】 国際社会時代の人材を育むために 県議会議員 武田翔

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena

広がる海外大学への門

 文部科学省では、グローバル人材育成の観点から、わが国における「国際バカロレア(International Baccalaureate:以下IBプログラム)」の普及・拡大を推進しています。

 神奈川でも県立横浜国際高校で2019年のIBプログラム認定校を目指すため、様々な予算が組まれています。

 IBプログラムの一番のメリットは、国際バカロレアディプロマ(IBディプロマ)を取得し、その取得点数により海外の大学の入学試験を受ける資格、もしくは入学資格などが認定校に対して付与される点です。海外への大学進学を目指し、国際的な活躍を夢見る意思の強い生徒にとっては、この上なく素晴らしい機会となります。

デメリットも見極めて

 対する現時点でのデメリットですが、国内大学では、特にIBプログラムの制度を活用できる理系学部が少ない点です。

 また、IBプログラムを受けた上で国内の大学進学を目指すのは、制度や求められる学力資質の違いからも、非常に困難だと思われます。

 そして、履修科目の関係から、高校によっては科目の有無があるため、転校も非常に困難になることが予想されます。

望まれる情報発信

 IBプログラムは幅広い人生の選択肢を模索するための手段ですが、県は採択のメリットと、デメリットの双方を積極的に伝えるべきだと思います。

 私も積極的に同プログラムの理解に努め、将来的に受験を検討される生徒の皆さん、そして保護者の皆様にも活発な情報提供を行なって参ります。

【国際バカロレア(IB)とは?】スイス・ジュネーブに本部を置く「国際バカロレア機構」が提供する国際的な教育プログラムの通称で、国際的な視野を持った人材の育成を目的として1968年に設置されました。国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的としています。

※出典:文部科学省ホームページ http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/1307998.htm

武田 翔

横浜市港北区菊名1-6-11 平田ビル3F

TEL:045-947-2712

http://www.shotakeda.com

港北区版の意見広告・議会報告最新6

減災対策に全力で

「市政」噛みくだき 85市政報告

減災対策に全力で

横浜市会議員 望月やすひろ

5月23日号

「顔の見える関係」の初心忘れず

市政報告Vol.44

「顔の見える関係」の初心忘れず

横浜市会議員 さかい誠

5月1日号

「ほんとの笑顔」のために

県政報告200

「ほんとの笑顔」のために

県議会議員 はかりや珠江

4月25日号

ヨコハマを世界にアピール

「市政」噛みくだき 84市政報告

ヨコハマを世界にアピール

横浜市会議員 望月やすひろ

4月25日号

新しい時代にむけて

県政報告199

新しい時代にむけて

県議会議員 はかりや珠江

4月18日号

すべての人に居場所と出番を

意見広告

すべての人に居場所と出番を

立憲民主党・横浜市政担当(港北区) 大野トモイ

3月28日号

「チリリン条例」スタート!

県政報告198

「チリリン条例」スタート!

県議会議員 はかりや珠江

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

移動式プラネタリウム

移動式プラネタリウム

横浜ラポールで

6月22日~6月23日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク