港北区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

県政報告【13】 国際社会時代の人材を育むために 県議会議員 武田翔

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena

広がる海外大学への門

 文部科学省では、グローバル人材育成の観点から、わが国における「国際バカロレア(International Baccalaureate:以下IBプログラム)」の普及・拡大を推進しています。

 神奈川でも県立横浜国際高校で2019年のIBプログラム認定校を目指すため、様々な予算が組まれています。

 IBプログラムの一番のメリットは、国際バカロレアディプロマ(IBディプロマ)を取得し、その取得点数により海外の大学の入学試験を受ける資格、もしくは入学資格などが認定校に対して付与される点です。海外への大学進学を目指し、国際的な活躍を夢見る意思の強い生徒にとっては、この上なく素晴らしい機会となります。

デメリットも見極めて

 対する現時点でのデメリットですが、国内大学では、特にIBプログラムの制度を活用できる理系学部が少ない点です。

 また、IBプログラムを受けた上で国内の大学進学を目指すのは、制度や求められる学力資質の違いからも、非常に困難だと思われます。

 そして、履修科目の関係から、高校によっては科目の有無があるため、転校も非常に困難になることが予想されます。

望まれる情報発信

 IBプログラムは幅広い人生の選択肢を模索するための手段ですが、県は採択のメリットと、デメリットの双方を積極的に伝えるべきだと思います。

 私も積極的に同プログラムの理解に努め、将来的に受験を検討される生徒の皆さん、そして保護者の皆様にも活発な情報提供を行なって参ります。

【国際バカロレア(IB)とは?】スイス・ジュネーブに本部を置く「国際バカロレア機構」が提供する国際的な教育プログラムの通称で、国際的な視野を持った人材の育成を目的として1968年に設置されました。国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的としています。

※出典:文部科学省ホームページ http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/1307998.htm

武田 翔

横浜市港北区菊名1-6-11 平田ビル3F

TEL:045-947-2712

http://www.shotakeda.com

港北区版の意見広告・議会報告最新6

命を守る、まずは自分で

防災・減災 市政報告

命を守る、まずは自分で

横浜市会議員 望月やすひろ

7月22日号

横浜市のために何ができる?

横浜市のために何ができる?

衆議院議員 中谷一馬

7月22日号

IR誘致で子育て万全に

横浜をチャレンジ溢れる都市に

IR誘致で子育て万全に

元IT担当副大臣 福田 峰之

7月15日号

「篠原園地」を次世代へ

県政報告 ㉜

「篠原園地」を次世代へ

県議会議員 武田 翔

7月15日号

「ワクチンへの不安に応えて(河野大臣との対談)」

「ワクチンへの不安に応えて(河野大臣との対談)」

前外務副大臣 衆議院議員 鈴木けいすけ

6月24日号

市長に緊急要望を提出

ワクチン接種 市政報告

市長に緊急要望を提出

横浜市会議員 望月やすひろ

5月27日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter