港北区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

高田町の美化活動団体 国交相表彰を受賞 課題解決、花壇整備に評価

社会

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
花壇整備前(上)と整備後(下)
花壇整備前(上)と整備後(下)

 高田町の美化活動を続ける「高田の丘美化活動推進連絡会」(古田邦夫代表)はこのほど、国土交通大臣表彰を受賞した。不法投棄や土砂被害などの問題解決、花壇の整備に尽力してきた活動が評価された。

 昨年度には(公財)横浜市緑の協会が行っている「優秀活動賞事業」において、約1000ある横浜緑の推進団体から最優秀活動賞に選出された。さらに同協会と市環境創造局の推薦を受け、今回の受賞に至ったという。

 約16年前、同町内会では自動車や工業廃棄物などが不法投棄された上、大雨の影響であたり一面に土砂が流れ込んだ。通学路でもあるため、児童らが通るには薄暗く危険な箇所も。国内外のメディアで問題視されたこともあった。そこで動き出したのが、当時天沼自治会の会長を務めていた古田さん。家族で泥の除去を始めた。その活動を見た人々が次第に加わり始め、「シャベルの使い方を教えたい」と子どもを連れて来た父親も参加することになったという。不法投棄物は行政へ度々撤去依頼を続け、2002年から7年かけて全ての泥やゴミをなくした。「今では子どもたちが遊べる場所もできました」と古田さん。

 不法投棄の防止策、そしてより明るく安全な通学路を目指して、同地区内に9カ所花壇を整備。近所の子どもたちとともに800本のツツジ植樹からはじめ、季節に合わせて花々を植えてきた。古田さんは「子どもたちが通学中に”何か咲いているよ”と眺められる道路にしたいという思いだった」と話す。

 2015年から「花壇desござARTS展」と題して近隣の福祉施設や幼稚園の通所者、園児が制作した絵画を展示している。現在も開催中で、栗田るみ区長や絵画を展示している活動ホームしもだの佐藤真也さん、舟橋英さんが花壇を訪れた。栗田区長は「キレイと思える感性が育つ通学路。色んな人に見てもらいたい」と話した。

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

来春、本校復帰へ

北綱島特別支援学校

来春、本校復帰へ 教育

市教委が表明

10月28日号

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月28日号

古澤選手に区民表彰

パラリンピック銀メダル

古澤選手に区民表彰 スポーツ

車いすバスケで快挙

10月21日号

70周年記念で書籍刊行

八杉神社

70周年記念で書籍刊行 文化

寺社と地域の歴史紐解く

10月21日号

コロナ禍でも地域活性を

港北区商連

コロナ禍でも地域活性を 経済

工夫凝らし企画進める

10月14日号

現職2人による争いか

衆院選7区

現職2人による争いか 政治

10月31日投開票

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook