港北区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

高田町の美化活動団体 国交相表彰を受賞 課題解決、花壇整備に評価

社会

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
花壇整備前(上)と整備後(下)
花壇整備前(上)と整備後(下)

 高田町の美化活動を続ける「高田の丘美化活動推進連絡会」(古田邦夫代表)はこのほど、国土交通大臣表彰を受賞した。不法投棄や土砂被害などの問題解決、花壇の整備に尽力してきた活動が評価された。

 昨年度には(公財)横浜市緑の協会が行っている「優秀活動賞事業」において、約1000ある横浜緑の推進団体から最優秀活動賞に選出された。さらに同協会と市環境創造局の推薦を受け、今回の受賞に至ったという。

 約16年前、同町内会では自動車や工業廃棄物などが不法投棄された上、大雨の影響であたり一面に土砂が流れ込んだ。通学路でもあるため、児童らが通るには薄暗く危険な箇所も。国内外のメディアで問題視されたこともあった。そこで動き出したのが、当時天沼自治会の会長を務めていた古田さん。家族で泥の除去を始めた。その活動を見た人々が次第に加わり始め、「シャベルの使い方を教えたい」と子どもを連れて来た父親も参加することになったという。不法投棄物は行政へ度々撤去依頼を続け、2002年から7年かけて全ての泥やゴミをなくした。「今では子どもたちが遊べる場所もできました」と古田さん。

 不法投棄の防止策、そしてより明るく安全な通学路を目指して、同地区内に9カ所花壇を整備。近所の子どもたちとともに800本のツツジ植樹からはじめ、季節に合わせて花々を植えてきた。古田さんは「子どもたちが通学中に”何か咲いているよ”と眺められる道路にしたいという思いだった」と話す。

 2015年から「花壇desござARTS展」と題して近隣の福祉施設や幼稚園の通所者、園児が制作した絵画を展示している。現在も開催中で、栗田るみ区長や絵画を展示している活動ホームしもだの佐藤真也さん、舟橋英さんが花壇を訪れた。栗田区長は「キレイと思える感性が育つ通学路。色んな人に見てもらいたい」と話した。

港北区版のトップニュース最新6

安否確認システム導入

太尾宮前町会

安否確認システム導入 社会

防災訓練で定着へ

4月15日号

IT技術で省エネ社会を

環境活動賞

IT技術で省エネ社会を 社会

区内企業が実践賞に

4月15日号

丹精込めた花々の祭典

港北オープンガーデン

丹精込めた花々の祭典 社会

12日から 114会場で

4月8日号

地域の絆で響いた音色

小机小マーチングバンド

地域の絆で響いた音色 教育

日産スタジアムで卒団式

4月8日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月8日号

「防災マンション」を認定

横浜市

「防災マンション」を認定 社会

設備・活動の両面で評価

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.mochiyasu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter