港北区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

矢上小6年児童 米国の若者とショー披露 自己表現の大切さ学ぶ

教育

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
下級生らを前に伸び伸びと演じる児童とヤングアメリカンズのメンバー
下級生らを前に伸び伸びと演じる児童とヤングアメリカンズのメンバー

 市立矢上小学校(佐治秀朗校長)の6年生児童99人は5月22日、米国の若者とともにワークショップで練習した歌やダンスを下級生に披露した。他人との違いを理解し、自由に自己表現する大切さを学ぶ企画。初めは戸惑いながらも、次第に自信に満ちた表情に変わるなど、児童らは充実した一日を過ごした様子だった。

 児童に歌やダンスのショーを指導したのは、米国の非営利団体「ヤングアメリカンズ(YA)」のメンバー。音楽を通じ若者の素晴らしさを社会に伝えようと1962年に設立されたYAには、オーディションで選ばれた世界各国の20歳前後の男女約300人が所属している。各国で児童・生徒らとワークショップを開き、一緒にショーをつくりあげる。

市立小で2校目

 矢上小での企画を主導したのは、都筑区在住でYA横浜都筑サポートリーダーの清水美弥子さん。横浜市立小では、2年前に初めて緑区の中山小で実現(その翌年も同小で企画)させ、今回は2校目の開催となった。

 YA横浜都筑のメンバーの子が通う学校等に企画を提案し、手を挙げたのが同小。同校運動会の直前の日程ではあったが、佐治校長が中山小の校長から「とても良かった」と聞いたことも実現を後押しし、外国語活動と総合授業の時間を企画にあてた。

「大きな成長みられた」子どもの姿に佐治校長

 矢上小を訪れたのはYAのメンバー15人。同校の6年児童は、初めは戸惑っていたものの、メンバーのユニークな自己紹介や、ゲームなどを通して、次第に打ち解けていった。

 通常は2、3日かけてワークショップを行い、約1時間のショーをつくるが、今回は4時間のワークショップで練習したライオンキングの曲に合わせたダンスなどを、約20分のショーで披露した。

「違う自分出せた」

 ショーを終えた児童は充実した表情を浮かべ、YAのメンバーとハイタッチしたり、抱き合ったりして別れを惜しんでいた。「普段と違う自分を出せた」とは男子児童の一人。また、ある女子児童は「外国の人と触れ合えてうれしかった。ダンスも好きになった」と米国の若者と過ごした時間を振り返った。来日したYAメンバーのリーダー、マディー・スタンフォードさんは「子どもたちに大きな成長が見られた。自信を持つことの大切さを伝えられたと思う」と胸を張った。

 時に手拍子しながら、児童が伸び伸びと演じる姿を見守った佐治校長。「普段はおとなしい子の新たな表情も見られた。音楽や文字、言葉など自己表現するためのいろいろな方法を持つのは大切なこと。それが自信につながると思う」と目を細めていた。

 清水さんは、企画に賛同した小学校に感謝しつつ、「矢上小の子どもたちはみんな素直で、最初から集中して取り組んでくれた。人と違ってもいいことを知り、これからも自分らしさを大切にしていってほしい」と願いを込めた。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.mochiyasu.com/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

丹精込めた花々の祭典

港北オープンガーデン

丹精込めた花々の祭典 社会

12日から 114会場で

4月8日号

地域の絆で響いた音色

小机小マーチングバンド

地域の絆で響いた音色 教育

日産スタジアムで卒団式

4月8日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月8日号

関東舞台に県中学一位

大綱中合唱部

関東舞台に県中学一位 教育

アンサンブルコンテスト

4月1日号

「防災マンション」を認定

横浜市

「防災マンション」を認定 社会

設備・活動の両面で評価

4月1日号

コロナ禍の芸術家を支援

横浜市

コロナ禍の芸術家を支援 文化

活動経費などに助成金

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter