港北区版 掲載号:2018年7月5日号 エリアトップへ

港北区社会福祉協議会の事務局長に就任した 島本 洋一さん 町田市在住 57歳

掲載号:2018年7月5日号

  • LINE
  • hatena

手を取り合ってまちを作る

 ○…「自分たちの街は自分たちで作って行こうという文化が受け継がれる地域」。港北区の印象をこう語る。新設時の篠原地域ケアプラザの所長を務めて以来、約20年ぶりに港北の地へ。愛着を持って街を守る区民の姿をしっかりと見つめ、「誰も一人にならないように、人と人をつなげていきたい」と意気込む。

 ○…大学卒業後、銀行員として年金関係の仕事に従事した。ますます高齢化する社会。「これからは福祉だ」と、直接的にまちづくりに関われる仕事をすべく、フィールドを変えた。社会福祉協議会に所属してからは、港北区のほか旭区、中区、市社協などに勤務した。「その地域を好きになれるのがこの仕事の醍醐味」。とにかくまちや人を知り、協力者を増やすことを心掛けているそう。その土台となっているのが、以前港北の住民から言われた「支える方も支えられる方も、一緒に福祉のまちづくりをするべき」という言葉だ。

 ○…東日本大震災の時、被災して全ての町内会が機能しなくなってしまった大船渡地区の人々を、横浜へ招待すべく動き出した事業が今でも忘れられないという。地道に声をかけ続け、ホテルなど約700の事業所が協力。80人ほどの被災者の心を横浜観光で癒した。「その後被災地に訪れた時、90代のとある住民の方がわざわざ2キロも歩いてお礼を言いに来てくれたんです。嬉しかったなあ」

 ○…古き良き昭和探しが趣味。「夕方惣菜のにおいが漂い、活気ある人の声が聞こえてくる商店街とか、いいよね」。自宅にある50年ものの自転車はいつかピカピカにしたいのだとか。2人の娘を持ち、部活の試合時には応援に駆け付けていたという子煩悩な一面も。家庭でも仕事でも、人を大切にする優しさが、その笑顔に滲み出ている。

港北区版の人物風土記最新6

鈴木 悦朗さん

(一社)横浜市港北区医師会の会長に就任した

鈴木 悦朗さん

大豆戸町出身 64歳

8月15日号

横溝 由綿子さん

第24期 よこはま・ゆめ・ファーマーに認定された

横溝 由綿子さん

新吉田町在住 55歳

8月8日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

7月25日号

酒井 誠さん

港北区商店街連合会の会長を務める

酒井 誠さん

日吉本町在住 57歳

7月11日号

三浦 久さん

トレッサ横浜の新プレジデントに就任した

三浦 久さん

川崎市在住 52歳

7月4日号

飯山 精三さん

社会福祉法人 横浜市港北区社会福祉協議会の会長を務める

飯山 精三さん

大倉山在住 83歳

6月27日号

加藤 光さん

小学4年生時に脚本を手がけ12年、6月23日の上映会でスピーチする

加藤 光さん

大倉山在住 22歳

6月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク