港北区版 掲載号:2018年7月5日号
  • LINE
  • hatena

自転車盗 無施錠被害が5割超 前年比増ペースで推移

社会

自転車盗の多いエリア(18年1月〜5月)
自転車盗の多いエリア(18年1月〜5月)

 港北区内の犯罪発生状況で、過去3年間減少傾向にあった自転車盗が増加に転じている。今年5月末までの集計で最多は綱島西の33件。特に無施錠の駐輪での被害が55%にのぼるという。同署ではツーロックでの施錠をと注意を呼び掛けている。

 今年1月〜5月の刑法犯認知件数は前年比24%減。その中でも5月末の前年比で2015年265件、16年225件、17年202件と減少傾向にあった自転車盗。しかし、今年は5月までに前年比プラス8件に転じた。特に多いのが無施錠での盗難。全体の55%となっており、港北署では基本的にツーロックでの施錠を呼びかけている。また、自宅の庭先やマンションの駐輪場でも無施錠だと盗難に合うケースもあり、同署生活安全課では、「自宅でも油断せず、施錠してほしい」と話している。

駅周辺で多い自転車盗

 もっとも自転車盗が多いエリアは、綱島西が33件と突出。次いで日吉本町17件、綱島東が16件と続く。盗難の目的は「乗り捨て」がほとんど。飲酒した後、歩くのが面倒になり、無施錠の自転車を盗んで目的地で乗り捨てるなどの場合が多いという。さらに駅周辺は駐輪場も多いため、盗難が起きやすいとのこと。「盗難の目的上、新品だから盗まれやすい、古いから盗まれにくいということではないので注意を」

 なお同じく前年比6件の増加となっていた「ひったくり」は、犯人検挙に至ったため現在では落ち着いているという。

カード手渡し型の詐欺

 区内の振り込め詐欺犯罪のうち「ATMで医療費を還付します」という還付金詐欺の手口は、ATMでの警官配置等が功を奏し、減少傾向にあるが、新たな手口の「キャッシュカード手渡し型」被害が増えてきているという。犯人からの最初のコンタクトはやはり電話。警察や金融機関、デパートなどの関係者を装い「あなたのカードが不正に使われている」などと不安をあおる。その後「新しいカードと取り換える」と自宅を訪問。カードを受け取り暗証番号も手に入れ、その足で預金を下ろすという手口だ。同署では「一番よいのは、詐欺電話をとらないこと。留守電設定にするか、迷惑電話防止機能付きの電話も量販店で安価なものもあるので、不安な人は購入検討を」としている。

 また同署は今年度振り込め詐欺の多発エリアとして神奈川県警からの指示により同詐欺撃退機「STD」を高齢者宅を中心に250台、無料モニター設置。今後アンケート調査と効果検証を行い、結果次第で予算化する可能性もあるという。

港北区版のトップニュース最新6件

各事業円滑化へ新事務所

綱島駅東口周辺

各事業円滑化へ新事務所

4月18日号

家庭連絡にICT活用へ

市立学校

家庭連絡にICT活用へ

4月18日号

「発展に向け、躍動する年に」

福地氏・嶋村氏、トップ当選

統一地方選港北区

福地氏・嶋村氏、トップ当選

4月11日号

外国人材 受入体制強化へ

横浜市

外国人材 受入体制強化へ

4月4日号

まちの歴史、語り継ぐ

区制80周年

まちの歴史、語り継ぐ

4月4日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歌う会が150回

歌う会が150回

4月23日、港北公会堂

4月23日~4月23日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク