港北区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • hatena

小机城のあるまちを愛する会 会長を務める 木村 光義さん 小机町在住 72歳

為せば成る、の精神で

 ○…城郷地区で今年発足した「小机城のあるまちを愛する会」で会長を務める。先月24日には、第1回のイベント「紙芝居&小机城の歴史」を開催。40人定員にほぼ達する集客で、現在2回目の企画に向けて、計画を練っている最中だ。「愛する会」のメンバーには20代、30代の若い世代もおり、何か考え付くと「すぐやろう」とするエネルギーが頼もしい、と微笑む。「これまでの地域での人脈を生かし、同会と小机城址まつり実行委員会などとの橋渡しを行い、街の活性化の一端を担えれば」

 ○…山形県出身。東北なまりの柔和な語り口が人の心を和ませる。横浜市立小学校教諭として、都筑区の都田小学校では校長も務めた。子ども時代は意外にも「腕白で先生の言うことを聞かない勉強嫌いな子だったなあ」。ただ、勉強の大切さは理解しており、もっとわかりやすく楽しく勉強を教えたい、と教師を志したという。スポーツは苦手だったが教師となってからは「子どもと体を使って遊ぶことは不可欠」と考え、教員のサッカーチームに入部、汗を流した。その後は「子どもたちと始業前、放課後とサッカーばかり」と振り返る。毎年夏になると、子どもらを集めて自宅でキャンプも企画。「おおらかな時代。教え子達に会うと皆、勉強のことなんか全く憶えてなくて、サッカーとキャンプのことだけよく憶えてる」と笑わせる。

 ○…教員時代から地域活動に携わり、42歳の時、初めて宿根町内会の会長に。祭礼委員会をつくり、住吉神社祭礼復活に尽力した。座右の銘は「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」。行動することが大事と話す口調からは、若い頃から苦手を克服してきた「チャレンジ精神」が、今も滲み出る。同じく地域活動に勤しむ妻と次女家族と共に暮らす。

港北区版の人物風土記最新6件

池谷 完治さん

新綱島駅前地区市街地再開発組合の理事長に就任した

池谷 完治さん

12月13日号

奥野 康治さん

「チャンバラ合戦」を行うNPO法人ゼロワンの東京代表

奥野 康治さん

12月6日号

佐川 亜紀さん

小熊秀雄「長長秋夜」の講演会を菊名で行う詩人

佐川 亜紀さん

11月29日号

海老原 記志江さん

展示会を行うソープカービング講師の

海老原 記志江さん

11月22日号

中間 正太さん

ワンマンライブを行った綱島のシンガーソングライター

中間 正太さん

11月15日号

福木 照(あきら)さん

「地域(大倉山)鎮守様の歴史」を出版した

福木 照(あきら)さん

11月8日号

新横浜障害年金相談センター

うつ病・脳梗塞・糖尿病・がんなど幅広い障害が「障害年金」対象 無料相談開催中

http://shinyokohama-shogai.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク