港北区版 掲載号:2018年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

無病息災願い茅の輪くぐり 熊野神社で夏越の大祓

文化

石川宮司に続き茅の輪をくぐる
石川宮司に続き茅の輪をくぐる
 師岡熊野神社(石川正人宮司)で6月30日、夏越(なごし)の大祓(おおはらい)が行われた。「大祓」は、自身や地域の罪穢を祓い、一年の残り半年の無事を祈願する神道行事。同神社では毎年の神事として広く親しまれており、梅雨明け翌日の暑さにもかかわらず、今年も多くの地域住民らが集まった。

 お祓いが終わると、全員で無病息災を願う「茅の輪くぐり」。参拝者は石川宮司に続いて、茅の輪を8の字を描くようにくぐった。

 参拝者を前に、石川宮司は「皆様には、心身ともに健康に、今年もあと半年を過ごしていただきたい」と話していた。

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク