港北区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

港北図書館が認知症事業 講座、関連コーナーで啓発

社会

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena
認知症に関する手作り資料も
認知症に関する手作り資料も

 港北図書館は認知症に関する事業を積極的に導入している。地域ケアプラザ等と連携し、サポーター養成講座を実施するほか関連図書の本棚設置なども行った。全国約3300ある図書館の中でも珍しいケースだという。

 団塊の世代が後期高齢者に入る2025年、横浜市では65歳以上の人口が約97万人になる見込み。また日本の要介護認定者の約2人に1人が認知症。さらなる増加が予想されている。多くの高齢者が訪れる同館の木下豊館長は「認知症と分かれば対応できることが多くある。まずは我々スタッフが理解を深めなければ」と新事業に着手した。

 先月末に行われた認知症サポーター講座では、現役の介護福祉士でフリーペーパーえがおの本間克之編集長が講師となり、認知症の仕組みや種類、症状などを説明。疑似体験も取り入れ、「当事者はとても苦しんでいるんですよ」と訴えた。

 6月中に設置されていた認知症関連図書コーナーは、様々なカテゴリーの著書を厳選。設置期間中には超高齢社会と図書館研究会所属の呑海沙織筑波大学教授や東京都江東区東陽図書館職員の細谷導治さんが視察訪問。呑海教授は「選書も本の並べ方も良い。今あるものでサービスを増やすことは素晴らしいこと」と話した。木下館長は「より多くの図書館でこうした取組みが行われるようになれば嬉しいです」と話す。

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月13日号

「まちのコイン」で地域活性

日吉地区

「まちのコイン」で地域活性 社会

5月14日から利用開始

5月13日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

広報誌、刊行25周年

港北区スポ進

広報誌、刊行25周年 社会

区民の運動と健康支える

5月7日号

ワクチン接種、準備進む

港北区

ワクチン接種、準備進む 社会

シミュレーション実施

4月29日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月29日号

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter