港北区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

区災ボラ連絡会 募金活動等を実施 西日本豪雨被災地へ寄付

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
普段の募金活動の様子
普段の募金活動の様子

 西日本は現在、梅雨前線の長期的停滞による豪雨で、浸水や土砂崩れなど甚大な被害を受けている。それに伴って港北区災害ボランティア連絡会(宇田川規夫会長)は被災地支援を開始する。

 被災地には、支援物資が数多く送られるが、届くタイミングによっては必要ではなくなる、保管場所がない、本当に必要とされているものではないなどの課題もあるのが現実。数々の被災地ボランティアを経験してきた宇田川会長は「特に多いのは洋服。その年齢・性別に合うものを届けるのは難しく、実は多くの需要があるわけでもないんですよ」と話す。同会ではこうした経験等を踏まえ、募金と雑巾・タオル寄付を行うと決定した。

 まずは7月22日(日)、同会のメンバーとボーイスカウト横浜第8団が新横浜駅前で募金活動を実施予定。集まった資金は日本赤十字社へ送るという。さらに会員自らが周囲へ呼びかけながら募金を行う予定。こちらは災害救援のNPO法人レスキューストックヤードに寄付するという。宇田川会長は「被災地では、災害後に多くの人が他地区へ移住し、人口が減ってしまう可能性が高まる。そのため現地の経済活動を活性化することが大切です」と話す。

会員内で雑巾集め

 水害時は被害に遭った家を清掃するため、雑巾やタオルが必要となる。現地では一軒で何十枚もの雑巾を干す様子が見受けられるという。同会では会員同士で雑巾・タオルも収集。物流が停止している地域もあるため、状況を見極めつつ送り先を決定する。

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月13日号

「まちのコイン」で地域活性

日吉地区

「まちのコイン」で地域活性 社会

5月14日から利用開始

5月13日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

広報誌、刊行25周年

港北区スポ進

広報誌、刊行25周年 社会

区民の運動と健康支える

5月7日号

ワクチン接種、準備進む

港北区

ワクチン接種、準備進む 社会

シミュレーション実施

4月29日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月29日号

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter