港北区版 掲載号:2018年7月19日号
  • LINE
  • hatena

区災ボラ連絡会 募金活動等を実施 西日本豪雨被災地へ寄付

社会

普段の募金活動の様子
普段の募金活動の様子
 西日本は現在、梅雨前線の長期的停滞による豪雨で、浸水や土砂崩れなど甚大な被害を受けている。それに伴って港北区災害ボランティア連絡会(宇田川規夫会長)は被災地支援を開始する。

 被災地には、支援物資が数多く送られるが、届くタイミングによっては必要ではなくなる、保管場所がない、本当に必要とされているものではないなどの課題もあるのが現実。数々の被災地ボランティアを経験してきた宇田川会長は「特に多いのは洋服。その年齢・性別に合うものを届けるのは難しく、実は多くの需要があるわけでもないんですよ」と話す。同会ではこうした経験等を踏まえ、募金と雑巾・タオル寄付を行うと決定した。

 まずは7月22日(日)、同会のメンバーとボーイスカウト横浜第8団が新横浜駅前で募金活動を実施予定。集まった資金は日本赤十字社へ送るという。さらに会員自らが周囲へ呼びかけながら募金を行う予定。こちらは災害救援のNPO法人レスキューストックヤードに寄付するという。宇田川会長は「被災地では、災害後に多くの人が他地区へ移住し、人口が減ってしまう可能性が高まる。そのため現地の経済活動を活性化することが大切です」と話す。

会員内で雑巾集め

 水害時は被害に遭った家を清掃するため、雑巾やタオルが必要となる。現地では一軒で何十枚もの雑巾を干す様子が見受けられるという。同会では会員同士で雑巾・タオルも収集。物流が停止している地域もあるため、状況を見極めつつ送り先を決定する。

関東労災病院 市民公開講座

膵がん・胃がん・貧血について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6件

対象道路にハンプ等設置

大倉山3丁目

対象道路にハンプ等設置

1月17日号

災害時、ドローン活用

港北区役所

災害時、ドローン活用

1月17日号

「心豊かに暮らせるまちへ」

着物デザインコンペで金賞

下田町在住三俣さん

着物デザインコンペで金賞

1月10日号

「希望に満ちた横浜に」

3,226人が門出

港北区の新成人

3,226人が門出

1月1日号

新横浜プリンスペペ

ワゴン祭1月12・13・14日 ワゴンSALE限定価格でさらにお得!

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク