港北区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

ヨコハマ・パラトリ ドキュメンタリー映画完成 10月8日、ラポールで上映会

社会

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017第2部不思議の森の大夜会(C)HajimeKato
ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017第2部不思議の森の大夜会(C)HajimeKato

 3年に一度行われる現代アート国際展「横浜トリエンナーレ」に合わせて、2014年から開催されている「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」。昨年のイベントを記録したアート・ドキュメンタリー映画「sence of oneness とけあうところ」が先頃完成し、10月8日には横浜ラポールで初の上映会が行われる。

 「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」は多様な分野のアーティストが、障がい者および健常者の一般参加者とともに作品や舞台を作り上げるイベント。「象の鼻テラス」(中区)で活動する横浜ランデヴープロジェクト実行委員会とNPO法人スローレーベルが主催する。

 同NPO法人の広報ディレクター、友川綾子さんは「障がい者とか健常者とか、今まで持っていた固定概念をゆるがすような場所をつくることを目指してきた」と話す。映画でも中心的なエピソードとなるプログラム「ウサギのダンス劇」は、市民パフォーマー60人を募集。その3分の1が障がいのある参加者だ。ストーリーではもともと人間だった「ウサギ」が自由な存在として描かれ「誰が障がい者で誰が健常者かなんてよくわからない、存在が溶け合った舞台」になっているという。また、5カ月間の練習を行う中で、健常者の参加者は、障がい者に対するイメージが「助けなければいけない存在」から一緒に舞台を作る「仲間・友人」に変化。発達障がいのある参加者は、今まで知らない人とコミュニケーションをとることが苦手だったが、ボディコンタクトを含めた練習を繰り返す中でさまざまな人とコミュニケーションをとれるようになり、普段は施設に通う障がい者も、最初は稽古場まで通うことが一つの障壁だったが「挑戦することに慣れていき、一つ課題を克服できた」(友川さん)という。総合ディレクターで東京2020開会式・閉会式4式典総合プランニングチームの一員でもある栗栖良依さんも「多様な人たちが混ざり合う世界をお楽しみください」と話す。

 上映会&トークは、10月8日午後2時から4時半。定員300人。予約優先。参加無料。申込み、問合せは事務局【電話】045・661・0602へ。

港北区版のトップニュース最新6

「とも・とも篠原」活動広がる

障がい児支援

「とも・とも篠原」活動広がる 社会

今年度は小4も対象に

5月23日号

次世代ラーメン店の星に

次世代ラーメン店の星に 経済

優勝の味を商品化

5月23日号

慶應高、4年ぶり4度目V

軟式野球県春季大会

慶應高、4年ぶり4度目V スポーツ

2年生投手の継投で頂点

5月16日号

令和の幕開けを祝福

小机城址まつり

令和の幕開けを祝福 社会

5月開催、実行委も準備に熱

5月16日号

「令和」に平和の願い込め

大倉山「青柳」

「令和」に平和の願い込め 社会

兄弟で饅頭づくり

5月1日号

「夢や希望、区民と共有」

港北区制80周年

「夢や希望、区民と共有」 社会

年間通じ、関連事業

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 減災対策に全力で

    「市政」噛みくだき 85市政報告

    減災対策に全力で

    横浜市会議員 望月やすひろ

    5月23日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク