港北区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

尺八奏者として地元・大倉山で数多くのコンサートを開催する 阿部 大輔さん 大倉山在住 36歳

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

尺八で音楽の楽しさを

 ○…尺八奏者として「邦楽創造集団オーラJ」などの楽団に所属し、従来の邦楽の枠を超えた公演を行っている。自らが中心となりオーボエ・ピアノ奏者と結成したアンサンブル「Musica di pèsca」では9月21日に大倉山記念館で「秋の花音コンサート」を開催。地元大倉山でこれまでも数多くの音楽イベントを行ってきた。

 ○…祖父が民謡教室の主宰者で、尺八は身近な楽器だった。大学時代に所属した邦楽サークルの講師で尺八奏者の真玉和司さんに勧められ本格的に練習を開始。2006年NHK邦楽技能者育成会に入会。プロを目指す同世代の姿に刺激を受け自身もプロの道へ。尺八は音程が不安定になりやすく、気温や風からも影響を受けやすい。駆け出しの頃には冬場の野外ライブで苦しんだことも。しかし音楽家として「音程を聞く耳」に強いこだわりを持ち、「技術で揺らぎのある音を自在に操ることが喜び」と語る。

 ○…生まれも育ちも大倉山。幼少期は新羽方面へ昆虫採集やザリガニ取りに繰り出した。祖父母や伯叔父母にも囲まれる大家族だったが、中でも祖父からの愛情たっぷりに育ったおじいちゃん子。川に落ちた時には、「普段はおっとりとした祖父が一目散に助けに来てくれた」。現在の趣味は週5日行くこともあるというムエタイ。「タイ料理が好きだから始めただけ」と語る笑顔にはやんちゃな少年の面影が残る。

 ○…現在は尺八の魅力を伝えるため、学校公演や尺八教室も行う。演奏者としてのモットーは「(音楽を)全く知らない人にも楽しんでもらう」こと。今回の公演も「秋を主題とした装花の演出もあり、お客様も感動してくれた」と振り返る。「もっと多くの人、特に若者に尺八や音楽の楽しさを伝えたい」と夢を語った。
 

港北区版の人物風土記最新6

金子清隆さん

新横浜町内会 会長

金子清隆さん

篠原町在住 67歳

5月1日号

青木 邦男さん

4月に港北図書館の館長に就任した

青木 邦男さん

西区在住 58歳

4月18日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

都筑区出身 23歳

4月11日号

長崎 征吉さん

2018港北まちの魅力フォトコンテストで最優秀賞を受賞した

長崎 征吉さん

新吉田東在住 52歳

4月4日号

潮木 ひとみさん

猫の譲渡会「いつもへそ天」のメンバーでTNR活動ボランティア

潮木 ひとみさん

新吉田東在住 47歳

3月28日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

3月21日号

永野 和子さん

全国社会福祉大会で厚生労働大臣賞を受賞した民生委員

永野 和子さん

大豆戸町在住 74歳

3月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク