港北区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

尺八奏者として地元・大倉山で数多くのコンサートを開催する 阿部 大輔さん 大倉山在住 36歳

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

尺八で音楽の楽しさを

 ○…尺八奏者として「邦楽創造集団オーラJ」などの楽団に所属し、従来の邦楽の枠を超えた公演を行っている。自らが中心となりオーボエ・ピアノ奏者と結成したアンサンブル「Musica di pèsca」では9月21日に大倉山記念館で「秋の花音コンサート」を開催。地元大倉山でこれまでも数多くの音楽イベントを行ってきた。

 ○…祖父が民謡教室の主宰者で、尺八は身近な楽器だった。大学時代に所属した邦楽サークルの講師で尺八奏者の真玉和司さんに勧められ本格的に練習を開始。2006年NHK邦楽技能者育成会に入会。プロを目指す同世代の姿に刺激を受け自身もプロの道へ。尺八は音程が不安定になりやすく、気温や風からも影響を受けやすい。駆け出しの頃には冬場の野外ライブで苦しんだことも。しかし音楽家として「音程を聞く耳」に強いこだわりを持ち、「技術で揺らぎのある音を自在に操ることが喜び」と語る。

 ○…生まれも育ちも大倉山。幼少期は新羽方面へ昆虫採集やザリガニ取りに繰り出した。祖父母や伯叔父母にも囲まれる大家族だったが、中でも祖父からの愛情たっぷりに育ったおじいちゃん子。川に落ちた時には、「普段はおっとりとした祖父が一目散に助けに来てくれた」。現在の趣味は週5日行くこともあるというムエタイ。「タイ料理が好きだから始めただけ」と語る笑顔にはやんちゃな少年の面影が残る。

 ○…現在は尺八の魅力を伝えるため、学校公演や尺八教室も行う。演奏者としてのモットーは「(音楽を)全く知らない人にも楽しんでもらう」こと。今回の公演も「秋を主題とした装花の演出もあり、お客様も感動してくれた」と振り返る。「もっと多くの人、特に若者に尺八や音楽の楽しさを伝えたい」と夢を語った。
 

港北区版の人物風土記最新6

長西 宣英さん

開業55周年を迎えたJR東海・新横浜駅の駅長を務める

長西 宣英さん

東京都在住 52歳

10月17日号

折原 亮さん

Yahoo!「第11回最強の次世代ラーメン決定戦」で史上初の2部門制覇を達成したハイパーファットン店主

折原 亮さん

新横浜在住 35歳

10月10日号

松本 勝彦さん

最盛期を迎えているドラゴンフルーツなど、多彩な野菜の栽培に挑戦する

松本 勝彦さん

小机町在住 72歳

9月26日号

中島 正守さん

2019こうほく梅の写真コンテストで最優秀賞に選出された

中島 正守さん

大豆戸町在住 83歳

9月19日号

久米 真浩さん

横浜市幼稚園協会港北支部長を務める

久米 真浩さん

小机町在住 56歳

9月12日号

横溝 正久さん

フランスの写真展で、撮影した作品が展示される

横溝 正久さん

新吉田町在住 66歳

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク