港北区版 掲載号:2018年10月11日号 エリアトップへ

第67回横浜文化賞を受賞したステンドグラス職人 平山 健雄さん 菊名在住 69歳

掲載号:2018年10月11日号

  • LINE
  • hatena

ステンドグラスの未来に光を

 ○…ステンドグラスを始めて40余年。現在は横浜マイスターとして、市民への周知に努める。「美しいってどういうこと?それを知ってもらってこそ、良い仕事ができる」。そうして誕生した作品を、後世に引き渡していきたいのだという。

 ○…東京は四谷で生まれ育った。美大生の頃は油絵を専攻。「ヨーロッパの美術は”光”がカギになる」と光の使い方を追求した先にあったのが、ステンドグラスだった。その後工房でアルバイトを始め、そのまま就職。技術面はマスターしたものの、「絵付けの技術が日本にはない」と本場フランスへ。成り立ちや歴史などを学んだ。「社会背景や作り手の精神を理解することが大事だからね」。帰国後、都内で工房を設立したが、「横浜の光の方が良い」と白楽、後に菊名へ移った。

 ○…父は板金屋の職人。作業着の父があくせく働く背中から得たのは「人はとにかく一生懸命に働かなければいけない」という教訓だった。ステンドグラスの作業で最も大切な要素は、人にどう感じてもらうか。そこを明瞭にするため、とにかく設置する建物などについて話を聞き、構想を練り続けるのだという。「でもね、芸術家は必死な姿を見せてはいけない。完成品で魅せなければ」。とにかくあらゆるものを見尽くした上で、その中には一切存在しないものを絞り出す。「世界で初めてのものを作るからね。自分にしかできない発想を生み出したい」

 ○…夏場は若い頃に作った山小屋で、原始林を眺めながら英気を養う。「自然が作る造形って無理がない。これって日本的な考えでね、作品にも取り込んでいきたいところ」。こうして休暇中も、結局はステンドグラスのことを考えてしまうのだろう。何にも代えがたい「天職」だから。

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

港北区在住 25歳

10月14日号

古川原 琢さん

アグリテックグランプリ2021で三井化学賞を受賞した

古川原 琢さん

中原区在住 40歳

10月7日号

立花 篤彦さん

10月末から開催予定の「第37回大倉山秋の芸術祭」実行委員会代表を務める

立花 篤彦さん

神奈川区在住 63歳

9月23日号

宮地 秀行さん

東京パラリンピック会場で撮影した写真を横浜ラポールで展示している

宮地 秀行さん

港北区在勤 54歳

9月16日号

臼井 早苗さん

城郷小机地区センターで活動する日舞ひまわり会の会長を務める

臼井 早苗さん

小机町在住 

9月9日号

丘山 亜未さん

クラウドファンディングを使い、妙蓮寺に新しい子育て支援施設を設立した

丘山 亜未さん

港北区在住 46歳

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩く健康づくりを応援

【Web限定記事】よこはまウォーキングポイント

歩く健康づくりを応援

港北区・ミズキータオルプレゼント

10月1日~11月30日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook