港北区版 掲載号:2018年10月18日号
  • LINE
  • hatena

220人で咲かせた花畑 慶應生と地元小の傑作展示

文化

 慶應義塾大学第19回矢上祭実行委員会と矢上小学校、木月小学校(川崎市)は、協働でちぎり絵を制作し、その完成作品=写真=が10月6・7日の矢上祭当日に展示された。

 同校1、2年生約220人が制作に参加した。実際に作品を見に来た児童は嬉しそうな表情。保護者からも「子どもが作ったとは思えない出来ばえ」と声があがっていたという。企画責任者の木戸祐輔さんは「完成した時は感動しました。子どもたちの持つ可能性の大きさに圧倒されました」と心の内を語った。

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク