港北区版 掲載号:2018年10月18日号
  • LINE
  • hatena

新横浜 笑顔で熱い戦い タグラグビー大会

スポーツ

攻める児童(左)とタグを狙い守備をする児童
攻める児童(左)とタグを狙い守備をする児童

 港北区役所は10月13日、しんよこフットボールパークで「第1回港北カップ タグラグビー大会」を開催した。港北区体育協会の共催。

 タグラグビーは通常のラグビーからタックルなどの接触プレーをなくしたスポーツ。基本的なルールは通常と変わらないが、1チーム5人で、相手の両腰についた「タグ」と呼ばれるビニールのリボンを取ることで守備を行う。同協会の吉田惠三理事長は「タグラグビーを通してラグビーの魅力を体験して、来年のW(ワールド)杯を楽しんでもらいたい」と期待する。

 大会参加者は小学生で、学年によって2カテゴリーに分けて試合が行われた。低学年の部には5チーム、高学年の部には4チームがエントリー。計9チーム総勢56人の児童が優勝カップとメダルを目指して争い、それぞれの部で「学世田ウイングスA」と「大豆戸FC」が優勝した。

 経験の有無や性別に関わらず、試合が始まると全力でプレー。時には仲間を大声で叱咤したり、足がもつれて転倒したりする場面もあり、試合は熱を帯びていった。観戦する保護者たちからも次第に大きな拍手や歓声、応援が送られ会場全体が熱く盛り上がった。

 低学年の部でプレーした手塚千博君(7)は「相手が強くて大変だったけれど、最後にトライを決めることができて嬉しかった」と振り返る。チームメイトの瀬賀奈緒子さん(7)も「いっぱい挑戦したけど思ったよりうまくいかず悔しかった。だけど試合は楽しかった」と笑顔を見せた。

 「スポーツは楽しむことから始めるもの」と吉田理事長。「タグラグビーがもっと広まってほしいし、スポーツの力で区を元気にしたい」とさらなる発展を望む。想いが届いたのか、懸命にプレーする児童たちの熱気と笑顔が大会を彩った。

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク