港北区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

国保特定健診 生活習慣病予防の一手に 区医師会と区役所連携

社会

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
「各町内会の掲示版にも掲示予定です」と話す内藤会長
「各町内会の掲示版にも掲示予定です」と話す内藤会長

 港北区医師会(内藤英二会長)と港北区福祉保健センターは、今年度無料で受診できるようになった横浜市国民健康保険「特定健診」の受診率向上を目指し、10月17日から区ホームページ上で、各診療所の受診しやすい曜日・時間帯について情報提供を始めた。市内18区では、初めての試み。

 「特定健診」とは、糖尿病や高血圧など自覚症状の少ない生活習慣病を予防・解消するために、その前段階であるメタボリックシンドロームを発見し、生活習慣の改善につなげていくための健康診査。ただし受診率は、2016年度実績値で全国36・6%に対し、横浜市は21・0%と低い。そこで今年度横浜市は、健診費用の自己負担分を無くし、受診率向上を目指している。

 加えて港北区に限ると受診率は19・9%で、18区中15位となっている。これを踏まえ、区独自の取組みとして医師会と区が連携し、10月22日から11月21日の1カ月間を「港北区国民健康保険特定健診推進月間」と設定。区ホームページでの情報提供もはじめた。

 日本人の4人に1人がメタボリックシンドロームと関連する病気(心臓病・脳卒中・腎不全)で亡くなっている現状があり区医師会の内藤会長は「深刻な症状になる前にぜひ受診して健康寿命の延伸につなげてほしい」と話す。また区福祉保健センターの島村渡課長は「受診をしやすい環境を整えることが必要」とし、HPへの情報掲載の効果を検証していくとする。なお特定健診後、生活習慣の見直しが必要と判定された人は、生活習慣病改善プログラムである「特定保健指導」で生活を見直すサポートを無料で受けられる。

 受診には、区発行の受診券・問診票が必要で対象者には、今年5月に送付済だが、手元にない場合は、区保険年金課保険係【電話】045・540・2349まで問合せを。

港北区版のトップニュース最新6

防災・東京五輪など重点

2020年度港北区予算

防災・東京五輪など重点 社会

自主事業に1億1888万円

2月20日号

街に元気と活気を

大曽根在住花澤さん

街に元気と活気を 社会

自店でナイトフリマ

2月20日号

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

まち普請事業に決定

菊名・錦が丘の市民団体

まち普請事業に決定 社会

“居場所”の整備進める

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

区内4企業が受賞

よこはまグッドバランス賞

区内4企業が受賞 経済

働きやすい環境を推進

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

160回目の歌う会

160回目の歌う会

港北童謡の会

2月25日~2月25日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク