港北区版 掲載号:2018年11月1日号 エリアトップへ

竹灯籠まつり 小机城址が幻想世界に 5000本の灯りで演出

文化

掲載号:2018年11月1日号

  • LINE
  • hatena
水面に反射する竹灯籠
水面に反射する竹灯籠

 小机城址市民の森で10月27日、「第15回竹灯籠まつり」が行われた。主催はNPO法人日本の竹ファンクラブ(平石眞司理事長)。

 昨年は台風で中止となったこの祭り。2年ぶりの開催に向け、同クラブのメンバーが9月から準備を進めてきた。当日は尺八の音色が響きわたる中、約5000本の竹の中にろうそくが灯り、幻想的な空間が広がった。来場者は写真を撮ったり、竹で作られた徳利で熱燗を飲むなど、思いおもいに楽しんだ。

 今年は初の試みとして、竹林の中に人工池を作り、竹灯籠を浮かばせる演出も。訪れた女性は、「昼間とは別世界。地域の誇り」と美しさに酔いしれた。平石理事長は「昨年の無念を晴らすように多くのボランティアが協力してくれた。今後もまちおこしとして、竹の魅力を広めたい」と話す。

港北区版のローカルニュース最新6

「死」から「生」考える

「死」から「生」考える 社会

僧侶と医療従事者が対談

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

ブラサカを体験

菊名小児童

ブラサカを体験 スポーツ

区出身・落合啓士さんが指導

1月23日号

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ 文化

新羽町 西方寺で

1月23日号

小売店でフードドライブ

市資源循環局

小売店でフードドライブ 社会

食品ロス削減へ

1月23日号

地域の健康を守る

区医師会

地域の健康を守る 社会

新年合同班会

1月23日号

感謝の想い、歌に乗せて

感謝の想い、歌に乗せて 文化

日吉出身・須田寛太さん(22)

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク