港北区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

第2回年忘れもろおか寄席に出演する 茶遊亭 小天さん 師岡町在住 48歳

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena

落語で届ける 心の栄養

 ○…冬至の夜を笑いで温める「年忘れもろおか寄席」では、本妻と愛人のバトルを描いた”権助提灯”を演じ上げる。今回は落語研究会の高校生と共演。「社会人落語も面白いなって、思ってもらえたらいいですね」と優しく笑う。

 ○…「いつ死んじゃうか分からないから、やりたいことをやろう」。東日本大震災を経て心に浮かんだこの決意が、落語の世界へ入り込むきっかけを作った。まず始めてみたのは、カルチャー教室で見つけた、落語の台本講座。しかし思うように筆が進まない。「しゃべるリズムを覚えた方がいい」という講師のアドバイスを受け、実際に演じるための教室にも通い出した。「気が付いたらのめり込んでいました。なぜでしょう。懐の深さが良かったのかな」とみるみる虜に。後にベテランだらけの落語サークルにも所属。凄腕の先輩たちの中で揉まれながら、背中を追いかけ続けた。

 ○…思い返せば吹奏楽、合唱部、放送部、人形劇サークルなど、学生の時から人前で表現することが多かった。「もともと話すのは苦手だったから、あえて挑戦してバランスをとっていたのかも」。今でも寄席の本番前は「私は今何をしているの、もう帰ろう…」と思うほど緊張してしまうとか。それでも終演後には次のことを考えているというサゲ。それだけ物語に入り込んでしまうようだ。演じる際のこだわりは、悪役を愛らしく見せること。「お笑いだからリアルな演技はダメ。難しいですけどね」

 ○…師岡に暮らして15年。これからは地元横浜で寄席を行っていきたいと意気込む。「横溝屋敷(鶴見区)なんかもいいですね」。落語を通して伝えたいのは、生きる活力。「ある人の人生を垣間見て、ああ、明日も生きていこって思ってもらえたら」

港北区版の人物風土記最新6

田邊 美紗代さん

設立10周年を迎える(公財)日吉の森文化財団の理事長を務める

田邊 美紗代さん

下田町在住 74歳

2月6日号

永瀬 愛美さん

Beauty Japan2019神奈川大会でグランプリを受賞、2020大会の運営を行う

永瀬 愛美さん

港北区出身 28歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月23日号

久留宮 博明さん

「オジさん、オバさん達の音楽祭」事務局を務める

久留宮 博明さん

篠原北在住 64歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 19歳

1月1日号

沖 香菜子さん

東京バレエ団公演『くるみ割り人形』で主役のマーシャ(クララ)を演じる

沖 香菜子さん

綱島在住 29歳

12月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク