港北区版 掲載号:2018年12月20日号
  • LINE
  • hatena

第2回年忘れもろおか寄席に出演する 茶遊亭 小天さん 師岡町在住 48歳

落語で届ける 心の栄養

 ○…冬至の夜を笑いで温める「年忘れもろおか寄席」では、本妻と愛人のバトルを描いた”権助提灯”を演じ上げる。今回は落語研究会の高校生と共演。「社会人落語も面白いなって、思ってもらえたらいいですね」と優しく笑う。

 ○…「いつ死んじゃうか分からないから、やりたいことをやろう」。東日本大震災を経て心に浮かんだこの決意が、落語の世界へ入り込むきっかけを作った。まず始めてみたのは、カルチャー教室で見つけた、落語の台本講座。しかし思うように筆が進まない。「しゃべるリズムを覚えた方がいい」という講師のアドバイスを受け、実際に演じるための教室にも通い出した。「気が付いたらのめり込んでいました。なぜでしょう。懐の深さが良かったのかな」とみるみる虜に。後にベテランだらけの落語サークルにも所属。凄腕の先輩たちの中で揉まれながら、背中を追いかけ続けた。

 ○…思い返せば吹奏楽、合唱部、放送部、人形劇サークルなど、学生の時から人前で表現することが多かった。「もともと話すのは苦手だったから、あえて挑戦してバランスをとっていたのかも」。今でも寄席の本番前は「私は今何をしているの、もう帰ろう…」と思うほど緊張してしまうとか。それでも終演後には次のことを考えているというサゲ。それだけ物語に入り込んでしまうようだ。演じる際のこだわりは、悪役を愛らしく見せること。「お笑いだからリアルな演技はダメ。難しいですけどね」

 ○…師岡に暮らして15年。これからは地元横浜で寄席を行っていきたいと意気込む。「横溝屋敷(鶴見区)なんかもいいですね」。落語を通して伝えたいのは、生きる活力。「ある人の人生を垣間見て、ああ、明日も生きていこって思ってもらえたら」

港北区版の人物風土記最新6件

青木 邦男さん

4月に港北図書館の館長に就任した

青木 邦男さん

4月18日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

4月11日号

長崎 征吉さん

2018港北まちの魅力フォトコンテストで最優秀賞を受賞した

長崎 征吉さん

4月4日号

潮木 ひとみさん

猫の譲渡会「いつもへそ天」のメンバーでTNR活動ボランティア

潮木 ひとみさん

3月28日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

永野 和子さん

全国社会福祉大会で厚生労働大臣賞を受賞した民生委員

永野 和子さん

3月14日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク