港北区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

新横浜周辺 テロ対策訓練、本格化 ラグビーW杯、五輪にらむ

社会

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena
横浜国際総合競技場での訓練(上)と、横浜アリーナでの訓練の一幕
横浜国際総合競技場での訓練(上)と、横浜アリーナでの訓練の一幕

 2019年9月に開幕するラグビーワールドカップや20年の東京五輪サッカー競技の会場、横浜国際総合競技場がある新横浜周辺では、テロ対策訓練が本格化している。港北警察署や港北消防署など訓練の主催はさまざま。官民一体となって地域を守る活動が続けられている。

 昨今、海外各地でコンサートやスポーツイベント開催時に、ソフトターゲットを狙ったテロが勃発している。各競技大会に向けて都市化が進み、大規模集客施設があること、新幹線の停車駅で交通の要衝にもなることから、新横浜周辺でのテロ発生はより警戒されている。今年度区内で行われたテロ訓練は8回。例年より回数を増やし、精度を高めていくのが狙いだ。

 今年6月、東海道新幹線車内、新横浜〜小田原間で3人の男女が刃物で襲われる事件が起きた。このように単独の犯人が不特定多数の人を狙う事件が世界各地で増えていることから、同様の想定での訓練も行われている。

 年間200日以上イベントが開催される株式会社横浜アリーナでは今年、同社社員に向けたテロ対策講義をはじめ、不審物発見や毒劇物散布などを想定したテロ訓練が行われた。同社と警察署、消防署それぞれの機関が強みを発揮するため、相互に情報を共有しあうことが目的だ。

 横浜国際総合競技場では11月下旬、県警による大規模テロ訓練が行われた。約250人の県内警察署関係者(うち港北署から3人)が参加。同競技場内外で観客の避難誘導、テロリストの検挙、爆発物処理、毒劇物の回収・除染などの訓練が実行された。他にも新横浜駅や菊名駅でも、毒劇物や不審者対応訓練が行われた。

 来年も春頃にテロ訓練が計画されている。

港北区版のトップニュース最新6

緑あふれる綱島に

つなつなプロジェクト

緑あふれる綱島に 社会

4月から計画始動

2月27日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月27日号

防災・東京五輪など重点

2020年度港北区予算

防災・東京五輪など重点 社会

自主事業に1億1888万円

2月20日号

街に元気と活気を

大曽根在住花澤さん

街に元気と活気を 社会

自店でナイトフリマ

2月20日号

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク