港北区版 掲載号:2019年1月24日号 エリアトップへ

染織意匠・図案コンペで金賞を受賞した 三俣 悠さん 下田町在住 17歳

掲載号:2019年1月24日号

  • LINE
  • hatena

オンリーワンの美術家に

 ○…整然と並んだラインに、アフリカの中でも若い国、エリトリアの伝統がぎゅっと詰め込まれた着物デザイン―。「2018染織意匠・図案コンペ」エリトリア部門で金賞を獲得したのは、白山高校の美術科生。主催者と着物デザイナーが直接御礼に来たくなるほど、その実力で人々を唸らせた。「テレビ取材も来て、やっと事の大きさに気付きました」と落ち着き払って笑う姿に、一際輝きを放つアーティストの影が映った気がした。

 ○…両親や親戚も美術の道を歩む一家に生まれ、幼少期からその原石は磨かれ始めた。小学生の頃はひたすら消しゴムハンコを作り、中学時は特殊メイクに熱中。美術の授業は”5”以外を取ったことはない。現在は授業で出される課題の壁を日々登り続ける。常にデザインを考え続けているというが、「アイデアはぽんぽん出てくる」というから羨ましい限りだ。

 ○…スタッフの両親、役者の兄とともに、大道具として港北区民ミュージカルの一員を担う。舞台美術を学びたいと、日吉台西中時代は演劇部に所属した。4×8板の大きなパネル5枚分にピカソのゲルニカを模写した経験は良い思い出。キャストとして全国に飛び立ったこともあり、その多彩さに驚くばかり。また料理好きで、休みの日はパン作りをしているとか。「美術より得意かも?」と笑うそのあどけなさがまた魅力。

 ○…母の影響で好きになったのは、ビアズリーやティムバートンの世界観。少し陰のあるテイストや発想に憧れるそう。将来の夢は絞り切れず、まだまだ考え中。それでもその根底にある情熱は揺るぎない。「私のデザインは万人受けするものじゃないんです。だから一定の人でもいい、手に取りたいと思えるものをいつか作れたら」

港北区版の人物風土記最新6

金子清隆さん

新横浜町内会 会長

金子清隆さん

篠原町在住 67歳

5月1日号

青木 邦男さん

4月に港北図書館の館長に就任した

青木 邦男さん

西区在住 58歳

4月18日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

都筑区出身 23歳

4月11日号

長崎 征吉さん

2018港北まちの魅力フォトコンテストで最優秀賞を受賞した

長崎 征吉さん

新吉田東在住 52歳

4月4日号

潮木 ひとみさん

猫の譲渡会「いつもへそ天」のメンバーでTNR活動ボランティア

潮木 ひとみさん

新吉田東在住 47歳

3月28日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

3月21日号

永野 和子さん

全国社会福祉大会で厚生労働大臣賞を受賞した民生委員

永野 和子さん

大豆戸町在住 74歳

3月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 減災対策に全力で

    「市政」噛みくだき 85市政報告

    減災対策に全力で

    横浜市会議員 望月やすひろ

    5月23日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク