港北区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

「樽町なごみ食堂」開所 地域交流の活性化に期待

社会

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena
提供されたカレーをおいしそうに口に運ぶ子どもたち
提供されたカレーをおいしそうに口に運ぶ子どもたち

 樽町なごみ食堂実行委員会(奈良隆一委員長)は2月5日、樽町地域ケアプラザ内に樽町在住者が対象の地域食堂「樽町なごみ食堂」を始動させた。一昨年に構想が始まった同食堂。子どもの居場所、多世代交流など地域活性の場として期待される。

 「子どもたちが安心して過ごせる場をつくろう」ということからスタートした同構想。多世代の交流や今まで地域活動に参加していなかった人たちも参加しやすいようにと「地域食堂」をオープンすることが決まった。

 食堂は毎月1回開催。メニューも老若男女に人気のカレーライスで、1食200円。食堂名はプレオープンへの参加者による投票で決定された。

 食堂を支えるのは呼びかけで集まった17人のボランティア。受付や配膳は男性陣が、調理は女性陣が担当。社会福祉協議会の民生委員ら17人がサポーターとして支援する。

 「人が集まるか不安だった」(奈良さん)というが、そうした心配をよそに初日は想定を上回る約80人が来場。家族で参加した戸澤元晴さんは「地域交流のきっかけとして参加しやすい」と語り、娘の璃々夏ちゃんもカレーを前に嬉しそうな表情。町内仲間と訪れた柏崎とし子さんは「やっぱり1人より、一緒に食べると楽しい」と笑顔を見せた。

 奈良さんは「明るく和やかな雰囲気でできた」と無事に初回を終え安堵の表情を見せた。今後は子どもたちの学習や昔遊びの場として機能の拡充を目指していくという。人員確保など課題もあるが「子どもから高齢者まで顔の見える交流ができる場を作りたい」と今後も活動の活性化に向けて意気込みを語った。

港北区版のトップニュース最新6

五輪機運、盆踊りで醸成

日吉本町東町会

五輪機運、盆踊りで醸成 社会

学生、英国大使館と連携

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月22日号

「電動車いすサッカー知って」

日本代表永岡選手

「電動車いすサッカー知って」 スポーツ

『蹴る』上映会で夢語る

8月15日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月15日号

附属図書館リニューアル

大倉精神文化研究所

附属図書館リニューアル 文化

「曼荼羅」修復し披露

8月8日号

市内で「はがき」詐欺急増

市内で「はがき」詐欺急増 社会

架空の公的機関装う手口

8月8日号

区の発展願い、夜空に大輪

新横浜花火大会

区の発展願い、夜空に大輪 文化

実行委員長「100周年に希望」

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク