港北区版 掲載号:2019年2月28日号
  • LINE
  • hatena

「かたづけ備蓄が命を救う」 3月6日 港北公会堂で

社会

 港北消防署(安江直人署長)では、平成30年度家庭防災員スキルアップ研修で、講演会を開催する。テーマは「かたづけ備蓄が命を救う」。講師は防災アドバイザーの岡部梨恵子さん。日時は3月6日(水)午後1時半から3時半まで。会場は港北公会堂ホール。参加無料、申し込み不要。

 地域での防火・防災について必要な知識および技術を身に付けることを目的とした家庭防災員制度は、通常自治会等からの推薦で研修を受けるが、今回は同防災員だけでなく、広く一般から参加することが可能となっている。

 今回の講演会は、大きな自然災害に見舞われている近年、被害を最小限にするための災害食備蓄を考えようというもの。どのくらいの量をどのように収納するか、必要なスペースは家族の人数によってどのくらいか、など「かたづけ備蓄」のコツを伝授する。

 また、午後3時からは、横浜市消防音楽隊のコンサートも。

 問い合わせは、港北消防署予防課【電話】045・546・0119へ。

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク