港北区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

車いすテニスを楽しむ 慶應大学で体験会

スポーツ

車いすテニスを楽しむ参加者たち
車いすテニスを楽しむ参加者たち

 慶應義塾大学日吉キャンパスで開催中のテニスの国際大会「横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2019」。大会に合わせ本年度は同校と市が協力し「する・みる・支える」の3つのイベントを企画した。

 2日に行われたのは「車いすテニス体験会」。参加者はストロークやサーブ、ゲームなどを通し、車いすテニスを楽しんだ。

 日頃趣味でテニスを行っているという川上功さんは「タイヤで足元が不安定になるので難しい。選手はすごいと思った」と体験を振り返った。

 参加者の中には健常者に加え普段から車いすに乗っている人も。指導に協力した(一社)日本車いすスポーツ協会の坂口剛代表理事は「パラスポーツは年齢、性別、障がいの有無にかかわらず楽しめるのが良さ」と話す。

 体験会の企画・運営を担当した同校庭球部員の川島颯さんは「楽しんでもらうことを一番に考えた」といい、プレーを撮影し動画を使った技術指導も行われた。最後のゲームでは特別ルールで、参加者全員が一つのコート上で協力してプレー。会場は元気な声と明るい笑顔に包まれた。

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歌う会が150回

歌う会が150回

4月23日、港北公会堂

4月23日~4月23日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク