港北区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

全国社会福祉大会で厚生労働大臣賞を受賞した民生委員 永野 和子さん 大豆戸町在住 74歳

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena

住民の幸せを紡ぐ

 ○…「私の引退後、民生委員お願いね」とバトンを受け取って早30年が経つ。地域住民の生活に寄り添い続け、その長年の努力が全国社会福祉大会で称えられた。思い返せば「民生委員?お世話にはならない」と突き返され、怒鳴られ、涙を流した日もあった。それでも続けてきたのは、何よりも”ありがとう”が一番心に沁みるから。「その一言から、見守りの大切さを知りました」

 ○…夫の転勤で一度大豆戸を離れ、再び戻ってきた頃に就任。知り合いが少ないなか600世帯以上を受け持ち、高齢者や障がい者、子育て世代をサポート。外部との接触が少ない人とは、おしゃべり相手として小一時間会話に花を咲かせることも。家にこもらず地域に出てきて欲しいと、懇親会や講座の企画、要援護者を把握するための名簿作りにも尽力した。「自分が何もしなければ、相手も何もしてこない。でも放っておいていいわけじゃない」。誰かのための”あと一歩”。彼女だからこそ踏み出せるのだろう。

 ○…女性も地域や社会に出るべきという夫の考えに背中を押され、ここまで仕事を全うしてきた。忙しく出かける妻のために家事をサポートしてくれるそうで、「足を向けて寝られない」と敬愛あふれる笑顔をこぼす。夫の地域デビューと称し、一緒に小学校の校門見守りを行ったこともある。そのおしどり夫婦ぶりは誰もが羨むだろう。

 ○…織物制作が好きだが、今は落ち着いて織台の前に座れないと寂しそうに笑う。お気に入りの逸品は幾何学模様のパーティーバッグだそう。委員としての定年が目前に迫り、残る課題は後任者を探して役目をつないでいくこと。「誠心誠意向かえば、そんな大変じゃないのよって伝えたいですね」。”地域の母”が住民の幸せを紡いでいく。

港北区版の人物風土記最新6

片山 繁樹さん

港北区歯科医師会の会長を務める

片山 繁樹さん

都筑区大丸在住 62歳

8月22日号

鈴木 悦朗さん

(一社)横浜市港北区医師会の会長に就任した

鈴木 悦朗さん

大豆戸町出身 64歳

8月15日号

横溝 由綿子さん

第24期 よこはま・ゆめ・ファーマーに認定された

横溝 由綿子さん

新吉田町在住 55歳

8月8日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

7月25日号

酒井 誠さん

港北区商店街連合会の会長を務める

酒井 誠さん

日吉本町在住 57歳

7月11日号

三浦 久さん

トレッサ横浜の新プレジデントに就任した

三浦 久さん

川崎市在住 52歳

7月4日号

飯山 精三さん

社会福祉法人 横浜市港北区社会福祉協議会の会長を務める

飯山 精三さん

大倉山在住 83歳

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク