港北区版 掲載号:2019年3月21日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

インプラントは骨を守る? 口腔内の健康維持に

「気軽にご相談を」と須田理事長
「気軽にご相談を」と須田理事長

 「(医社)翔栄会」(須田孝則理事長)は「すだ歯科医院(綱島西)」「アークデンタルクリニック新横浜(新横浜)」を運営(そのほか青葉区に1院)し、人生100年時代に「第2の永久歯」といわれるインプラント治療を行うことで「健康的な口内環境」づくりに努めている。

 同院が進めるインプラント治療は「食べ物を長くおいしく噛むこと」や「審美性の向上」を目的とすることはもちろん、あごの骨を守ることにも重点を置く。

 須田理事長によると、例えば歯が欠損した場合、そのまま放置すると、あごの骨が薄くなり、健康な歯の強度まで低下することがある。歯を欠損した骨に人工歯根を埋入するインプラント治療は、骨の弱体化防止につながることもあるという。

 須田理事長は「インプラント治療の医院選びには、ドクターの経験や設備など、様々な要素を考慮したいもの。ぜひ納得して治療を進めてもらいたい」と話している。

医療法人社団 翔栄会

TEL:0120-4182-99

http://www.arc-shinyokohama.com http://www.sudashika.com

港北区版のピックアップ(PR)最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク