港北区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

猫の譲渡会「いつもへそ天」のメンバーでTNR活動ボランティア 潮木 ひとみさん 新吉田東在住 47歳

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

ペットの幸せを願って

 ○…12年前、犬の散歩中に見かけた子猫をどうしても見捨てられなかった。「2日連続で連れて帰ってしまって」。もう自分が拾わないようにと始めたのが、捕獲・去勢手術(TNR活動)を行うボランティア。当時野良猫の苦情があった新吉田町会付近から活動を開始した。目に見えて減少する猫の数。町内会からは助成金がおりるようになったという。「猫が憎まれるくらいなら、最大限の配慮をしてあげたい」

 ○…幼少期から動物好き。学校では生き物係を務めた思い出も。小1だったある日、子猫を拾ったことが。しかし集合住宅という環境で飼うことは難しく、涙の別れ。結婚後初めて飼ったトイプードルは、不慮の事故で天国に。この2つの悲しみから「どれだけ一緒にいられるかわからないから、飼い主としてできることを」という思いが生まれた。次第に強まっていったペットの幸せを願う気持ちが、活動の原動力となっている。

 ○…昼間に主婦業、夕方から夜に捕獲とせわしない生活を見守ってくれたのは、理解ある夫と2人の息子。一緒に食事や映画に出かけるという仲良し家族だ。いつも皆がリビングに集まっていたのは愛犬・愛猫がいたからこそ。「息子の思春期や受験生時代も、家の中をほっこりさせてくれました」。現在飼っている13歳のおばあちゃん犬は病気を患っているため、TNR活動は休止中。「私は良い飼い主じゃないの。活動を通して他の子も可愛がっていたから」。だからこそなるべく多くの時間をともにしたいと切なげな表情。

 ○…今力を入れているのは月1回の譲渡会運営。引き渡し時の家族の笑顔を見て、「この子、凄く幸せになるな」と感じる瞬間が、自分の幸せでもある。猫に優しい世界は彼女が創って行くのだろう。

港北区版の人物風土記最新6

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月14日号

井上 まゆ美さん

新横浜のハンギングバスケット作りの講師を務めた

井上 まゆ美さん

(株)河野自然園 代表取締役

11月7日号

田口 治さん

(株)コヤマドライビングスクール横浜校校長を務め、港福一夜城で講演する

田口 治さん

大曽根在勤 57歳

10月31日号

伊藤 幸晴さん

『続・綱島温泉物語』を制作した港北ふるさとテレビ代表の

伊藤 幸晴さん

下田町在住 58歳

10月24日号

長西 宣英さん

開業55周年を迎えたJR東海・新横浜駅の駅長を務める

長西 宣英さん

東京都在住 52歳

10月17日号

折原 亮さん

Yahoo!「第11回最強の次世代ラーメン決定戦」で史上初の2部門制覇を達成したハイパーファットン店主

折原 亮さん

新横浜在住 35歳

10月10日号

松本 勝彦さん

最盛期を迎えているドラゴンフルーツなど、多彩な野菜の栽培に挑戦する

松本 勝彦さん

小机町在住 72歳

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク