港北区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

港北区役所 非常用電源に蓄電池導入 最大降雨想定し、国内初

社会

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
蓄電池のイメージ
蓄電池のイメージ

 港北区は浸水時の代替用電源として蓄電池を活用した、バーチャルパワープラント(VPP)構築事業を、区総合庁舎で展開する。同事業を行政機関の庁舎で本格運用するのは国内初。防災体制の強化に加え、効率的なエネルギー使用が期待される。

 VPPとは、蓄電池をコンピューターで操作し効率よく電力を供給する仕組み。電力の需給バランスを保つ新たなシステムとして注目されている。使用量が少ない時は充電、夏の猛暑日など多くの電力が必要な時には放電し、あたかも一つの発電所のように機能するため「仮想発電所(VPP)」と呼ばれる。

 横浜市では、温暖化対策のエネルギー施策と非常時の防災用電源の確保のため、18区47の小中学校で同事業を展開している(6月5日現在)が、行政機関の庁舎に実装されるのは今回が初のケースとなる。

 2016年の国土交通省の発表によると、新たに想定し得る最大規模の降雨により、港北区庁舎は約2m(区庁舎1階部分相当)の浸水が予想される。区庁舎の地下には非常用電源等が設置されており、浸水時に全電源を喪失するリスクがあった。上階層への移転も考えられたが、自家用発電機の重量から建物の安全性も考慮し、同事業の導入が決定した。

 2〜4階に1台ずつ設置される蓄電池。平常時は1台あたり最低3キロワット(一般家庭の1・5日分の消費電力量)を充電し、VPP運用を行う。1時間ほどでフル充電でき、3台合計で最大約45キロワットの電力供給が可能に。これは、区災害対策本部を3日間程度維持するための必要最小限の電力量に相当する。

 現在は蓄電池設置等の運用準備期間。VPP電力の供給は、来年3月1日から開始される。港北区総務部の橡木誠司総務課長は「区民のくらしを守るため、全力をつくしたい」と安全・安心のまちづくりに意欲を見せた。

港北区版のトップニュース最新6

「周年・ラグビー」機運つなぐ

港北区

「周年・ラグビー」機運つなぐ 政治

2019年度 運営方針

6月13日号

「わが街」思い、71人が合唱

「わが街」思い、71人が合唱 社会

区制80周年式典で

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

港北区から4店舗

ガチハンバーグ!

港北区から4店舗 経済

投票は6月1日から

5月30日号

「とも・とも篠原」活動広がる

障がい児支援

「とも・とも篠原」活動広がる 社会

今年度は小4も対象に

5月23日号

次世代ラーメン店の星に

次世代ラーメン店の星に 経済

優勝の味を商品化

5月23日号

6/18家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

移動式プラネタリウム

移動式プラネタリウム

横浜ラポールで

6月22日~6月23日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク