港北区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

(PR)

夏に気をつけたい「脳梗塞」 取材協力/大倉山脳神経外科クリニック

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
楚良繁雄院長(中央)とスタッフ
楚良繁雄院長(中央)とスタッフ

 脳の病気と聞くと、まず「脳梗塞」や「脳出血」を思い浮かべる人も多いのでは。一方で、こうした病気は寒い冬場に起こりやすいイメージもあるが、実際はどうやらそうでもないよう…。脳の専門家、「大倉山脳神経外科クリニック」の楚良繁雄院長に、今の時期だからこそ気をつけるべきポイントを聞いた。

半身への症状要注意

――脳梗塞について教えてください。

院長/脳に血液が届かずに脳の一部が死んでしまう病気を「脳梗塞」と言います。脳梗塞は寝たきりの一番の原因なので、中年以降の方は非常に注意が必要な病気です。

――冬の寒い時期になると、発症しやすいイメージがあります。

院長/実際に、発症率が一番高いのは冬です。しかし次に危険なのが暑い夏の時期です。血管の詰まりの原因の一つは汗をかいたことによる体内の水分不足。暑いこの時期こそ注意が必要なのはこのためです。

――容体が悪化して倒れる前に対処するにはどうすればいいのでしょう。

院長/定期的な検診が有効です。また体の半身だけに症状が出るときは、まず脳の異常を疑いましょう。「手足に力が入らない」「顔が半分ゆがんでいる」「顔や手足のしびれ」「ろれつが回らない」――。これらの症状が出たら受診のサインです。

「疑わしき」は受診を

――症状が長く続くと危険ということでしょうか。

院長/長く続くのは当然危険ですが、短くても要注意です。急に症状が現れて10〜15分程で収まるという時が、むしろ見逃してはいけないサイン。こうした症状の後、数日以内に本格的な脳梗塞が起こることが多いです。「しばらく我慢したらよくなったから大丈夫」と放置していると、病気が進行して治療のタイミングを失ってしまいます。疑わしいときは、仕事を休んでも、大切な用事があっても速やかに受診してください。

――脳梗塞と分かるまでに病気が進行してしまうのではないかと不安です。

院長/病気の確認に数日かかるケースもありますが、当院では受診当日すぐにMRIの撮影ができるので迅速に診断できます。基幹病院とも連携しているので、大きな手術が必要でもスピード感のある対応が可能です。脳梗塞は治療を始めるまでの時間との闘いです。後遺症で長年苦しむことになるかどうか決まってしまいます。

――日常生活ではどんなことに注意すればよいでしょうか。

院長/この時期は体がまだ暑さに慣れていないこともありこまめな水分補給が重要。しっかり入浴し、汗が出やすい体つくりも大切です。暑さ対策も効果的なので、部屋の風通しを良くしたり、扇風機やエアコンを有効に活用したりしてください。

――熱中症の対策と似ている気がしますが。

院長/熱中症だと思っていたら、実は脳梗塞ということもあります。疑わしいときは、すぐに足を運んでください。

落ち着いて清潔感のある院内
落ち着いて清潔感のある院内

頭痛、めまいがしたら 大倉山脳神経外科クリニック

横浜市港北区大倉山3-41-22 3F

TEL:045-548-1711

http://soraclinic.org/

保育士募集

横浜市松見保育園の嘱託職員。アルバイトさんも募集中です。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kanagawa/madoguchi-shisetsu/kuyakusho/gyomuannai/20181129082405950.html

<PR>

港北区版のピックアップ(PR)最新6

定期預金に年利0・2%上乗せ

定期預金に年利0・2%上乗せ

スルガ銀行で特別金利キャンペーン

11月14日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

11月14日号

「たくさんのご参加に感謝」

かしわくらのハッピーハロウィン

「たくさんのご参加に感謝」

11月14日号

開店9周年感謝フェア

ファンストア

開店9周年感謝フェア

新米プレゼントも

11月14日号

スマホ、新しくしませんか?

ドコモ新横浜

スマホ、新しくしませんか?

他社ユーザー限定キャンペーン

11月14日号

葬式の基本を知って不安解消

目からウロコの終活セミナー

葬式の基本を知って不安解消

都筑区仲町台駅/メモリアルアートの大野屋

11月7日号

「インプラント、決めるその前に」

口腔ケア

「インプラント、決めるその前に」

参加無料の相談会

11月7日号

関東労災病院 市民公開講座

大腸がん・がん患者へのサポート・食事について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク