港北区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

城郷小児童 魚のプロから学ぶ 市場の仕組みに興味深々

教育

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
クラス代表でマグロの競りを体験する児童
クラス代表でマグロの競りを体験する児童

 横浜市立城郷小学校(巴幹晴校長)で6月27日、5年生児童を対象に、横浜市中央卸売市場で働く青果や水産のプロが生鮮食品の正しい知識や流通の仕組みを伝える『いちば食育出前授業』の「さかな編」が行われた。

 授業では、相模湾で当日の朝に水揚げされた魚が同小体育館に持ち込まれ、児童は触りながら、鮮度のいい魚の見分け方などを学んだ。「魚のぬるぬるは海の中の悪い菌から守るため」と言われると、「知らなかったー」と驚きの表情に。また「競り」の仕組みを魚のプロによる寸劇から学ぶと、初めは「競りって戦うの?」とよくわからない表情だったが、授業が進むにつれ理解が深まった様子の児童たち。李晨㬢(り しんき)さんは「競りの寸劇を見られて楽しかった。家で話したい」と感想を述べた。一番の盛り上がりは、海苔のお土産が当たるクイズ大会。海苔の旬はいつかなど、楽しく学びながら答えていた。終了後、「何時から働くの?」「一番珍しい魚は?」と児童から多くの質問が挙がっていた。

 同取組みは食への関心を育むため2012年に始まった。今回講師を務めた同市場の魚食普及推進協議会は、若いうちから魚の美味しさや楽しさを知ってもらうため、ボランティアで市内小学校に出前授業を行っている。
 

港北区版のローカルニュース最新6

「横浜野菜を味わって」

「横浜野菜を味わって」 社会

市・区でマップを作成

11月21日号

税週間で街頭広報

神奈川青色申告会

税週間で街頭広報 社会

税務署・警察とコラボで

11月21日号

下田小で学習サポート

松の川遊歩道の会

下田小で学習サポート 教育

5年生の稲作学習で

11月21日号

ウィンターコンサート

ウィンターコンサート 文化

港北区民吹奏楽団

11月21日号

平和のための戦争展

「残った人生も楽しもうね」

「残った人生も楽しもうね」 文化

100歳の2人にインタビュー

11月21日号

マルコス選手、一日区長に

横浜FM

マルコス選手、一日区長に スポーツ

商店街も訪問

11月21日号

保育士募集

横浜市松見保育園の嘱託職員。アルバイトさんも募集中です。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kanagawa/madoguchi-shisetsu/kuyakusho/gyomuannai/20181129082405950.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク