港北区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

横浜ラポール 星空を届ける プラネタリウム体験

文化

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena

 横浜みんなでプラネタリウムプロジェクト(黒井良子代表)は6月22日、23日に横浜ラポールでプラネタリウムイベントを開催した。(一社)星つむぎの村、(社福)横浜市リハビリテーション事業団共催。

 映像とライブのセット「オーロラストーリー上映&星空コンサート」と、満天の星空を体感できる「病院がプラネタリウム星空体験」が行われた。

 今回登場したのが、7メートルのドーム型の移動式プラネタリウム=写真。空気を注入してテントのようなドームを作り、天井部分に映像を投影する。持ち運びが可能なため、病院への訪問を行っていたが、「通院や自宅療養といった人々も体験できるように」(黒井さん)とイベントの開催を決めた。

 プラネタリウム体験に参加した川崎市在住の井上さんは「どうやって映像が映されるのか興味があった。予想より大きくきれいだった」と振り返る。車椅子を利用しているがドームの中は快適だったといい、「とても楽しかった」と笑顔を見せた。

 「オーロラストーリー」の映像制作を担当したのは、(有)AND Youの金子益巳代表取締役。実際にアラスカに赴き撮影を行った。ドームに移した際にきれいな映像になるようにセスナの窓を外し、機体を傾けて撮影に臨んだといい「落下しそうになったが、リアルで美しい映像を作れてよかった」と作品の完成を喜んだ。

 2日間で約300人が訪れた同イベント。「星空にはパワーがある。病気や障がいで星を見られない人々にもそれを届けたい」と黒井さん。「もっと活動を広げていければ」と意欲を見せた。

港北区版のローカルニュース最新6

家族の大切さを胸に

家族の大切さを胸に 文化

熊野神社で短冊コンテスト

7月18日号

魔法で麺の色が変わる!?

横浜丸紀

魔法で麺の色が変わる!? 経済

焼きそば作りと工場見学

7月18日号

「花いっぱいになぁれ」

大曽根小

「花いっぱいになぁれ」 教育

あじさいの挿し木体験

7月18日号

レコードと珈琲を楽しむ

レコードと珈琲を楽しむ 社会

新羽ケアプラで活動中

7月18日号

雨の中、迫力ある舞台

雨の中、迫力ある舞台 社会

つなしまサマフェス

7月18日号

夏の特別コンサート

大倉山記念館

夏の特別コンサート 文化

8月22日、26日

7月18日号

地域育む奉仕活動を

地域育む奉仕活動を 社会

横浜港北 R  C 八木 正憲さん 横浜港北 R  C 八木 正憲さん

7月18日号

保育士募集

横浜市松見保育園の嘱託職員。アルバイトさんも募集中です。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kanagawa/madoguchi-shisetsu/kuyakusho/gyomuannai/20181129082405950.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク