港北区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

新プロジェクト、港北で始動 ラグビーの魅力発信

スポーツ

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
笑顔の児童と山田選手(右)
笑顔の児童と山田選手(右)

 ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会を契機とする「TRY RUG BEE PROJECT」が7月4日、港北で始動した。同日、大綱小学校をラグビー日本代表・山田章仁選手らが訪問し、ラグビーボールの贈呈やタグラグビー教室などが行われた。W杯への機運醸成のほか、競技の普及や地域スポーツの振興が狙い。

 アンバサダーでもある山田選手が発案した同プログラム。株式会社NTTドコモ、スポーツビジネスのコンサルティング企業の4th and Goal LLCと、W杯開催都市である横浜市・東大阪市の共同プロジェクトとなる。

 2市の小学校計28校に、オリジナルデザインのタグラグビーセットが寄贈されるほか、一部の学校では山田選手およびプロラグビーチーム・NTTドコモレッドハリケーンズの選手が訪問し、タグラグビー教室も行われる。また、ラグビーチャレンジ動画サイトも設立。山田選手らから出題されるテクニック動画を掲載し、そのお題に挑戦する動画を全国の小〜大学生から募集する。

 プロジェクト初日には、

ラグビーから学んだチャレンジの大切さ」と題し、山田選手が特別授業。「成功・失敗ではなく、チャレンジすることが大切」という言葉に、児童たちも真剣な表情で聞き入った。その後のタグラグビー教室では、ラグビーボールのパスリレーや腰につけた紐「タグ」を取り合うゲームを実施。「難しかったけど楽しかった」と児童らは振り返った。

 プロジェクト名はラグビーキッズが走り回る姿をミツバチ(BEE)に例えたもの。体育館を元気に駆ける子どもたちの熱気と共にプロジェクトが始動した。

港北区版のトップニュース最新6

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月17日号

日吉がハロウィーン一色に

10月27日

日吉がハロウィーン一色に 社会

町あげての大企画

10月17日号

城テーマに町おこし

城テーマに町おこし 社会

10月20日、小机でイベント

10月10日号

子育てしやすいまちに

子育てしやすいまちに 社会

区と地元企業が連携協定

10月10日号

日本体操祭に出場

知的障がい者サークル

日本体操祭に出場 スポーツ

本番に向け練習に熱

10月3日号

区全体で大会盛り上げ

ラグビーW杯(ワールドカップ)

区全体で大会盛り上げ 社会

機運の高まり、後々まで

10月3日号

初参戦で準優勝

国際ロボット競技大会

初参戦で準優勝 教育

10歳以下のカテゴリー

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境内でジャズコンサート

境内でジャズコンサート

10月21日、妙蓮寺

10月21日~10月21日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク