港北区版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

自分らしく生きる 〜人生100年時代の「終活」

社会

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena
市内18区で作成されたオリジナルのエンディングノート
市内18区で作成されたオリジナルのエンディングノート

 「終活」とは、「自らの人生の終わりに向けた活動」のこと。遺言の準備や相続、身辺の生前整理から、亡くなった際の葬儀や墓の用意など、多岐にわたる。もともとは「終わりの準備」の意味合いだったが、人生100年時代といわれる昨今では、「これからの人生をより豊かにする」という考え方にも広がっているようだ。

 超高齢社会を迎え、今後さらに国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上になるという2025年を前に、「終活」に関する考え方や関連サービス等も多様化している。

残りの人生を記す

 これまでの人生を振り返り、これからの人生をどう歩みたいかなど、自分の思いを記すエンディングノート。横浜市では昨年度までに市内18区でオリジナルのエンディングノート=左写真=を配布し、講演会や書き方講座を開いている。市民からは「自分を見つめ直せた」「前向きに人生を過ごしたい」などの声が。問い合わせは港北区役所高齢・障害支援課【電話】045・540・2327へ。

老後資金を考える

 「老後資金は2000万必要?」との報道が話題になり、退職後の生活について具体的に考える人も多い。65歳の公的年金受給開始後、平均寿命を想定すると、老後生活は約15年〜20年。公益財団法人生命保険文化センターが発表した2016年度「生活保障に関する調査」では、「ゆとりある老後生活費」は月34・9万円という結果も。定期預金や退職金の活用など、老後資金の作り方はさまざまだが、専門家に相談の上、具体的なプランを立てるという選択肢もありそうだ。

免許返納で特典

 神奈川県では、運転免許の自主返納制度の一環として、2009年に神奈川県高齢者運転免許自主返納サポート協議会を発足させ、運転免許証を自主返納して交付された運転経歴証明書を提示すると各種サービスが受けられる加盟企業等=右マークが目印=をHP(ホームページ)で公表している。

 サービス内容は購入商品の割引や無料配送、宿泊料金等施設利用料金の割引など。6月末時点の加盟企業等は126企業・704店舗。加盟企業等の申請数は、例年は年間20件程だったが、各地での高齢者による交通事故が報道されたこともあり、今年度は既に約30件あるという。

お墓、「横浜に」が最多

 人生の最期を考えるとき、多くの人が頭に浮かべる一つが「お墓の問題」。横浜市が5年毎に実施している「墓地に関する市民アンケート調査」(2017年8月10日〜9月11日、20歳以上の市民を対象に実施。回収数2087件・回収率41・7%)によると、「墓地の取得を希望する」は21・1%。その理由として「将来のために取得したい」(72・3%)が最も多く、「他都市から移したい」(13・8%)、「遺骨があるので墓地がほしい」(7・3%)と続いた。取得したい地域は「横浜市内がよい」(54・6%)が最多。「徒歩圏内の近隣がよい(13・2%)」と合わせると、約7割が市内を含む比較的近い場所での取得を希望していることが分かる。

 また、2012年の前回調査と比較すると、取得したい墓地の形式が多様化している実態も明らかに。「個々に区画されたお墓」(48・3%)が前回調査から12・3ポイント減少した一方、「納骨堂」(12・9%)が4・3ポイント、「こだわらない」(22・4%)が5・9ポイント増加した。

 アンケートを実施した横浜市健康福祉局健康安全部環境施設課に寄せられる相談内容は、新規の墓地購入に加えて「お墓の引っ越し=改葬」や「お墓の閉じ方=墓じまい」など。市に転入し老齢を迎えた人が住み慣れ、子どもたちの住まいにも近い横浜市内で眠りたいとお墓を移すケースや、地方への移住に伴いお墓を移すケース等がある。永代供養墓や合葬の相談も増えているという。

今後の時間、より豊かに

 これからの人生をどう生きるか――。

 「終活」は多くの人にとって大切なテーマ。自身の希望や健康、家族の絆、遺族の負担など、さまざまな視点から「残りの時間」に思いを巡らせ、「より豊かな今後」を送りたいもの。この機会に「終活」について考えてみてはいかがだろうか。

港北区版のローカルニュース最新6

令和最初の「こうほく第九」

令和最初の「こうほく第九」 文化

12月1日 港北公会堂で

11月14日号

あへあほ体操体験会

あへあほ体操体験会 スポーツ

17日(日)、錦が丘

11月14日号

「難民の子を救いたい」

太尾小5年1組

「難民の子を救いたい」 教育

服のチカラプロジェクト

11月14日号

ギャラリーで生演奏

大倉山・秋芸開会式

ギャラリーで生演奏 文化

大倉山ときめき音頭 披露

11月14日号

命名パートナーを募集

命名パートナーを募集 社会

県民ホールなど13施設

11月7日号

やすらぎコンサート

備えあれば憂いなし

備えあれば憂いなし 社会

綱島東で防災訓練

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク