港北区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

横浜市 食品ロス、アプリで削減へ 民間企業と連携

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena

 本来食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう「食品ロス」が社会問題となっている中、横浜市は飲食店などで残った商品を必要な人に紹介・案内することにより廃棄を減少させる「フードシェアリング」アプリを使った取組みを開始した。

 市内の家庭から出される燃やすごみの中には、年間で約10万5千トンもの食品ロスが含まれており、市民一人当たり年間約28キログラム、金額に換算すると約2万2千円の食品が捨てられていることになる。

 市は家庭での食品ロス削減を呼びかける施策展開とあわせ、小盛りメニューや持ち帰りなどに対応している飲食店を認定する「食べきり協力店」事業を2012年度からスタート。これまで職員が行きつけの飲食店などに呼びかける地道な活動を続け拡大を図ってきた。7月末時点で850店ほどが事業に賛同しているが、ここ数年は新規登録店数が伸び悩んでいた。

見切り品を売買

 現況打開を狙い始まった今回の取組みはスーパーマーケットで値引き品を購入するようなイメージだ。外食・中食事業者向けに売れ残りや廃棄予定の食品と買い手(食べ手)をつなぐフードシェアリングプラットホームを手掛ける(株)コークッキングからの提案を受ける形で連携協定を締結。外食時における食品ロス削減と市民意識向上に向けた取組みを展開する。

 同社が運営するフードシェアリングサービス「TABETE」へ参加する店舗は営業終了間際で売れ残りそうな商品など、廃棄処分となりそうな商品をアプリ上に出品。市民は希望する商品が見つかれば、店舗で代金を支払い商品を引き取ることができ、食品ロスの削減につながることになる。

 市資源循環局担当者は「アプリの導入で市内の『もったいない』を少しでも減らすことができれば」と話している。アプリはApp StoreやGoogle Playからダウンロードできる。

港北区版のトップニュース最新6

「電動車いすサッカー知って」

日本代表永岡選手

「電動車いすサッカー知って」 スポーツ

『蹴る』上映会で夢語る

8月15日号

附属図書館リニューアル

大倉精神文化研究所

附属図書館リニューアル 文化

「曼荼羅」修復し披露

8月8日号

市内で「はがき」詐欺急増

市内で「はがき」詐欺急増 社会

架空の公的機関装う手口

8月8日号

公民連携し魅力ある公園へ

横浜市

公民連携し魅力ある公園へ 社会

基本方針を策定

8月1日号

区の発展願い、夜空に大輪

新横浜花火大会

区の発展願い、夜空に大輪 文化

実行委員長「100周年に希望」

8月1日号

綱島にケアプラ分室

横浜市モデル事業

綱島にケアプラ分室 社会

15日に開所式

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク