港北区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

フランスの写真展で、撮影した作品が展示される 横溝 正久さん 新吉田町在住 66歳

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena

好きこそものの上手なれ

 ○…写真展の公募を知ったのは、趣味の写真仲間からの誘いがきっかけ。フランスでの開催に「かっこいいなという、ミーハーな気持ちで応募した」といたずらっぽく笑う。出品決定の知らせが届いた時には、クールに喜んだというが、「心の中では走り周りたいくらい大喜びだった」と白い歯をこぼす。

 ○…カメラに本格的にはまったのは12年ほど前、三女がソフトテニス部に入部し、試合会場に駆けつけて愛娘の活躍する姿にシャッターを切り続けた。その後も趣味のバイクの撮影などを重ねるなか、家の隅にネコが写りこんだ写真と出合い、その世界観に引き込まれた。猫を追いかけ各所を巡りたどり着いたのが、橋の下に暮らす猫とホームレス。薄暗さのなかに、生き様を感じる構図にはまり、1年ほど通い撮影を続けた。「未経験の世界と接することができるのが写真の面白さ」だ。

 ○…本業では、代表取締役を務める工務店で、住居や店舗の設計・施工を行う。依頼主だけのスペシャルな物件を作るのがポリシー。複雑な土地に合った三角形の家など工法にこだわりを持ってきた。「形として遺るものだから、頼んでよかったと思ってもらえるものを作りたい」と職人の顔を覗かせる。

 ○…日常では出会えないものに惹かれ、最近は東南アジアを中心に海外へも撮影へ。言語や文化、生活も大きく異なる世界は魅力に溢れている。旅とカメラは相性抜群。「旅行の記録を写真で振り返ると、新たな発見があり、何度も旅を楽しめるのが一番の楽しさ」と語る。モットーは「好きこそものの上手なれ」。楽しさを求めてきたその先に出合ったのがカメラだった。「いつか個展も開いてみたい」と夢を語る。好きを追求する旅はこれからも続いていく。

港北区版の人物風土記最新6

加藤 修さん

6月に港北区社会福祉協議会会長に就任した

加藤 修さん

富士塚在住 71歳

7月9日号

鴨志田 舜人さん

今季からBCリーグ・神奈川フューチャードリームスでプレーする外野手の

鴨志田 舜人さん

港北区出身 24歳

7月2日号

杉谷 拓紀さん

日吉サンロード商店会副会長などを務め、日吉地区の活性に取り組む

杉谷 拓紀さん

日吉在勤 31歳

6月25日号

小野 航平さん

横浜市初のプロアイスホッケーチームとなった横浜GRITSでGKを務める

小野 航平さん

瀬谷区出身 31歳

6月18日号

吉原 勉さん

港北保護司会会長に就任した

吉原 勉さん

綱島台在住 70歳

6月11日号

酒井 洋輔さん

妙蓮寺近隣のローカルサイトを立ち上げた、松栄建設(株)代表取締役社長の

酒井 洋輔さん

妙蓮寺在住 42歳

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク