港北区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

フランスの写真展で、撮影した作品が展示される 横溝 正久さん 新吉田町在住 66歳

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena

好きこそものの上手なれ

 ○…写真展の公募を知ったのは、趣味の写真仲間からの誘いがきっかけ。フランスでの開催に「かっこいいなという、ミーハーな気持ちで応募した」といたずらっぽく笑う。出品決定の知らせが届いた時には、クールに喜んだというが、「心の中では走り周りたいくらい大喜びだった」と白い歯をこぼす。

 ○…カメラに本格的にはまったのは12年ほど前、三女がソフトテニス部に入部し、試合会場に駆けつけて愛娘の活躍する姿にシャッターを切り続けた。その後も趣味のバイクの撮影などを重ねるなか、家の隅にネコが写りこんだ写真と出合い、その世界観に引き込まれた。猫を追いかけ各所を巡りたどり着いたのが、橋の下に暮らす猫とホームレス。薄暗さのなかに、生き様を感じる構図にはまり、1年ほど通い撮影を続けた。「未経験の世界と接することができるのが写真の面白さ」だ。

 ○…本業では、代表取締役を務める工務店で、住居や店舗の設計・施工を行う。依頼主だけのスペシャルな物件を作るのがポリシー。複雑な土地に合った三角形の家など工法にこだわりを持ってきた。「形として遺るものだから、頼んでよかったと思ってもらえるものを作りたい」と職人の顔を覗かせる。

 ○…日常では出会えないものに惹かれ、最近は東南アジアを中心に海外へも撮影へ。言語や文化、生活も大きく異なる世界は魅力に溢れている。旅とカメラは相性抜群。「旅行の記録を写真で振り返ると、新たな発見があり、何度も旅を楽しめるのが一番の楽しさ」と語る。モットーは「好きこそものの上手なれ」。楽しさを求めてきたその先に出合ったのがカメラだった。「いつか個展も開いてみたい」と夢を語る。好きを追求する旅はこれからも続いていく。

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

井上 まゆ美さん

新横浜のハンギングバスケット作りの講師を務めた

井上 まゆ美さん

(株)河野自然園 代表取締役

11月7日号

田口 治さん

(株)コヤマドライビングスクール横浜校校長を務め、港福一夜城で講演する

田口 治さん

大曽根在勤 57歳

10月31日号

伊藤 幸晴さん

『続・綱島温泉物語』を制作した港北ふるさとテレビ代表の

伊藤 幸晴さん

下田町在住 58歳

10月24日号

長西 宣英さん

開業55周年を迎えたJR東海・新横浜駅の駅長を務める

長西 宣英さん

東京都在住 52歳

10月17日号

折原 亮さん

Yahoo!「第11回最強の次世代ラーメン決定戦」で史上初の2部門制覇を達成したハイパーファットン店主

折原 亮さん

新横浜在住 35歳

10月10日号

松本 勝彦さん

最盛期を迎えているドラゴンフルーツなど、多彩な野菜の栽培に挑戦する

松本 勝彦さん

小机町在住 72歳

9月26日号

中島 正守さん

2019こうほく梅の写真コンテストで最優秀賞に選出された

中島 正守さん

大豆戸町在住 83歳

9月19日号

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク