港北区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

南日吉商店会 学生が地元に活力 “勉強”で交流深める

社会

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
難問に挑む子どもたち
難問に挑む子どもたち

 南日吉商店会(小嶋純一会長)は9月7日、恒例イベント「夜店」を開催した。今回は、地元の学生たちの有志団体「ポメラニアン」が、「勉強」をテーマにブースを出展。若者たちの地域社会への参加により、更なる商店街の活性化が期待される。

 テーマは「勉強」

 学生有志団体のメンバーは、慶応大学大学院の榎本敬太さん、甘利祐希さん、岡村衣里子さん、加藤大季さん、嶋優見さん、栃岡宏臣さんの男女6人。今年7月に授業の一環で同イベントにブースを出展し、「地域のために頑張っている人々の姿に感動した」(榎本さん)といい、実習メンバーから有志を募り、自主的にブースの出展を決めた。

 小嶋会長は「前回の実習でとても楽しかったということで、再び参加したいと言ってくれた。地元の学生たちが商店街に関心を示してくれるのはありがたいこと」と笑顔を見せた。

 テーマは「勉強」。学生ならではの企画を考案する中、同地区は中学校受験をする児童が多いことを知り、子どもたちと「勉強」を通して交流する企画を考案した。内容は、難関中学校の過去問題などを集め教科ごとに特別問題集を作り、子どもたちが正解することができたらお菓子をもらえるというゲーム形式。また、自分たちの経験を生かして、勉強など子どもたちの悩みの相談に応える機会も用意した。榎本さんは「単に学力をつけるだけでなく、楽しく問題にチャレンジして、交流するきっかけになってくれれば」と話す。

 当日は、児童たちが続々と問題に挑戦。難易度の高い問題に思わず頭を抱える姿もあったが、正解すると嬉しそうな笑顔を浮かべていた。

 「子どもたちに楽しんでもらえて何より」と小嶋会長。「若い人の勢いに負けず一緒になって商店街を盛り上げていきたい」と意気込みを見せた。

港北区版のトップニュース最新6

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

学校の枠超え対外活動

「チーム北綱」

学校の枠超え対外活動 社会

ボッチャ大会に出場へ

9月5日号

浜なし「幸水」で最優秀賞

新羽町の三橋さん

浜なし「幸水」で最優秀賞 社会

果樹の持寄品評会

9月5日号

交通事故、減少傾向に

港北区

交通事故、減少傾向に 社会

地道な活動、実を結ぶ

8月29日号

全国の舞台で7連覇

太尾小マーチングバンド

全国の舞台で7連覇 教育

31日、地域で演奏披露

8月29日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

155回目の歌う会

155回目の歌う会

9月17日、港北公会堂

9月17日~9月17日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク