港北区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

小机城 専門家が歴史紐解く トークショーに約80人

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
▶笠原公と農民の出会いを演じる出演者
▶笠原公と農民の出会いを演じる出演者

 小机城のあるまちを愛する会(木村光義会長)が企画した10月20日のイベントで、「続日本100名城」の一つ、小机城の歴史を専門家が解説する歴史トークショーが行われた。トークショーの前には会員が出演する劇もあり、来場者に城の魅力を楽しく伝えた。同団体では、歴史研究家らを招いた経験を今後の活動の広がりにつなげる考え。

 城まち会は、(公財)日本城郭協会より2017年4月に「続日本100名城」に選定された小机城を地域の活性につなげようと、様々な活動を続けている団体。

 歴史トークショーでは、お城ジオラマ復元堂代表で城郭復元マイスター、二宮博志氏と、歴史研究家で静岡英和学院大学講師の小和田泰経氏が登壇した。小机城は1438年に築城され、76年の長尾景春の乱では景春方の拠点として登場、78年に太田道灌に攻められ、落城したとされる。トークショーでは、その後、小田原を本拠とした戦国大名、北条氏の武蔵進出の拠点として整備され、城代として笠原越前守信為公が迎えられた経緯のほか、小机城の歴史や北条氏の城づくり、支配体制について詳しく解説された。

 鶴見川が天然の堀の役割を果たし、かつて周辺は沼地だったという小机城。北条氏の築城技術の特徴とされる防御施設・畝堀の存在など、未だ発掘されておらず不明な点もある。二宮氏は今後、発掘調査が進み、城の全容が明らかにされることへの期待感も示した。

小劇場に区民が出演

 小机城により親しみを感じてもらおうと、トークショーを前に行われた劇には、同会の会員らが出演した。笠原公を演じた小机町在住の大野貴駿さん(23)は「少しでも地域の歴史に興味を持ってもらえたら」と演技に力を込めた。木村会長は「かつて笠原公が小机をまとめたように、地域の力を合わせて小机が一層まとまっていけば」と抱負を語った。

小机城の歴史について語る二宮氏(左)と小和田氏
小机城の歴史について語る二宮氏(左)と小和田氏

大正堂 新横浜店 

世界の手織絨毯が一堂に 特撰手織絨毯展 11月1日~4日 アウトレットも

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

まち普請事業に決定

菊名・錦が丘の市民団体

まち普請事業に決定 社会

“居場所”の整備進める

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

区内4企業が受賞

よこはまグッドバランス賞

区内4企業が受賞 経済

働きやすい環境を推進

1月30日号

世代超え、新たに交流

チーム北綱

世代超え、新たに交流 社会

地域加わり再結成

1月23日号

区内から2人が受賞

市男女共同参画貢献表彰

区内から2人が受賞 社会

女性リーダー、地域で活躍

1月23日号

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一一大霊験所」。9時~16時、予約不要。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク