港北区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

ラグビーW杯(ワールドカップ) 44日間の熱闘、港北で幕 機運の高まりに、街づくり

スポーツ

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena

 横浜国際総合競技場で11月2日、ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会の決勝戦が行われ、港北の地でスポーツの祭典が幕を閉じた。決勝戦の様子は港北公会堂のパブリックビューイング(PV)でも放映され、観衆は大会の雰囲気を存分に味わった。区では「この機運の高まりを街づくりにつなげたい」としている。

 ラグビー伝統国同士の一戦は、激闘の末、南アフリカが制した。横浜国際総合競技場が決戦の場となる中、PVが行われた港北公会堂には約350人が集まり、試合の行方を見守った=写真。得点に迫るシーンではひと際大きな声援があがるなど、場内は熱気に包まれた。樽町から両親らと駆け付けイングランドの旗を片手に応援した西垣遙香さん(4)は、「また見たい?」との問いに、「うん」と頷いた。

街の様子、反応は?

 9月からの大会期間中、外国人など多くのラグビーファンが訪れた新横浜周辺。新横浜プリンスホテルでは、その間の客室単価が30%アップした。特設のラグビービアホールは、当初13日間の予定だったが、好評につき16日間に延長した。また、地元のバー、横浜ハイボールではビールが1日400リットル売れた日もあり、朝から来店する客や一人で10杯飲む客もいるなど、想像以上の来客があったという。

 大会に向け、行政と連携し街を花で装飾するなど、来街者を「おもてなし」した新横浜町内会の会長、金子清隆会長は「素晴らしい大会だった。テレビの視聴率は40%を超え、周囲でも『面白い』という声があった」と振り返った。また、町内会活動の一環で、花を装飾するハンギングバスケットのつくり方を約60人の参加者に指導した河野自然園の井上まゆ美社長=中面、人物風土記で紹介=は「街と調和する色合いを考えた。来街者が喜んでくれ、つくり手にとっても良かったのでは」と充実した表情を浮かべた。

 行政や地域一体で成功に向け機運を盛り上げるなど、港北区にとって貴重な経験となった今大会。港北区ラグビーワールドカップ横浜市推進担当の山本憲司課長は「ここからが大事。この機運の高まりを、まずは来年のオリンピック・パラリンピック、そして広く街づくりにつなげたい」と今後の展望を語った。
 

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一一大霊験所」。9時~16時、予約不要。

http://www.kumanojinja.or.jp/

もしもの時に、あなたのそばに

家族葬・直葬 お電話一本で旅立ちの時間をあたたかくサポートします。

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

まち普請事業に決定

菊名・錦が丘の市民団体

まち普請事業に決定 社会

“居場所”の整備進める

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

区内4企業が受賞

よこはまグッドバランス賞

区内4企業が受賞 経済

働きやすい環境を推進

1月30日号

世代超え、新たに交流

チーム北綱

世代超え、新たに交流 社会

地域加わり再結成

1月23日号

区内から2人が受賞

市男女共同参画貢献表彰

区内から2人が受賞 社会

女性リーダー、地域で活躍

1月23日号

大正堂 新横浜店 

世界の手織絨毯が一堂に 特撰手織絨毯展 11月1日~4日 アウトレットも

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク