港北区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

港北高校 創立50周年で記念式典 応援ソングも披露

社会

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
生徒代表のことばを述べる安本さん
生徒代表のことばを述べる安本さん

 創立50周年を迎えた神奈川県立港北高等学校(坂田輝之校長)は11月20日、カルッツかわさきで記念式典を挙行した。生徒の活動発表では、インターン体験の報告のほか、50周年記念事業の一環として制定された同校の応援ソング「じぶんいろ」が披露されるなど、自主性を重んじる同校ならではの式となった。

 1969年の創立以来、約1万7千の卒業生を輩出してきた港北高校。社会的・職業的な自立をめざした学校づくりに取り組み、課題を発見し解決するために必要な「自学力(自ら主体的に学び続ける力)」の育成に力を入れている。

 生徒やその保護者、教職員、PTA、同窓生らが出席した記念式典のあいさつで、町田裕昭実行委員長は「いかに多くの人に支えられてきたか」と振り返った。坂田校長も「優れた人材を輩出してこられたのは、歴代の教職員やPTA、同窓会等の皆様があってこそ」と話すなど、関係者への感謝の気持ちを新たにした。同窓会「思港会」の嶋村公会長は「新しい港北高校を創り出し、次のステップに進んで」と在校生にエールを送った。

 生徒代表として登壇した安本好さん(3年)は「50周年を迎えた今、港北高校のために何ができるか、また次の代に何を残せるかを考えて行動したい」と抱負を語った。

 式ではまた、思港会やPTAの協力で実現したプロジェクター設置の取組みも紹介された。

「あざやかな未来へ」

 生徒活動発表では、インターンシップ体験の報告や、50周年を記念し制定された港北生応援ソング「じぶんいろ」がお披露目された。作詞・作曲は同校軽音楽部に所属する50期生の浦崎健さん、編曲は同じく50期生の同部員。歌詞には「これからの人生ごと あざやかに染めていこう あざやかな未来へ」とあり、同校を選んだ人が前を向いていけるように、との思いが込められている。

 感謝と未来への希望を胸に、式典は成功裏に幕を閉じた。

港北区版のトップニュース最新6

町に彩りと元気を

高田町市民団体

町に彩りと元気を 社会

ひまわり約500本を植苗

5月28日号

コロナ対策などに力点

港北区

コロナ対策などに力点 社会

2020年度運営方針

5月28日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月21日号

青パトで外出自粛呼びかけ

地域の有志

青パトで外出自粛呼びかけ 社会

「日常取り戻したい」

5月14日号

地元紹介チャンネル開設

小机の城まち会

地元紹介チャンネル開設 社会

第一弾は商店街

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク