港北区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

「ひとつのプレーを全力で」 桐蔭高・森選手が入団会見

スポーツ

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
三原球団代表、ラミレス監督を囲む新入団選手(前列中央が森選手)
三原球団代表、ラミレス監督を囲む新入団選手(前列中央が森選手)

 横浜DeNAベイスターズの新入団選手会見が22日、西区のホテルで開かれ、今年のドラフト会議で1位指名を受けた桐蔭学園高校(青葉区)3年の森敬斗選手が初めてユニフォーム姿を披露した。

 森選手は「ひとつのプレーで試合展開が変わり、見られ方も変わることがある。一つひとつが重要なので、常に全力で臨みたい」と力を込めた。また憧れの選手を聞かれると、同校出身でプロ野球でも活躍している鈴木大地選手(30歳)を挙げ、「人として尊敬のできる先輩。自分も見習い、10年、20年と活躍できるようでありたい」と話した。

 会見には森選手のほか、同じくドラフトで指名を受けた6選手も出席。社会人からの入団はなく、7人中4人が高校生というフレッシュな顔ぶれで、三原一晃球団代表は「チームは今年、2軍の施設やコーチを充実させ、育成に力を入れている。ここにいるのは、1軍に上がってきてほしい将来のスター選手たち」と紹介した。

高城捕手は1年半ぶり復帰

 また19日には、約1年半ぶりの古巣復帰となる高城俊人捕手(26歳)の入団会見が中区の球団事務所で開かれた。

 高城選手は2011年にドラフト2位でベイスターズに入団し、1軍でも活躍したが昨年トレードでオリックスバファローズに移籍。その後、同球団を戦力外となり、今回の契約に至った。「一度は戦力外になった身。新入団と同じ気持ちで緊張感をもって、投手からの信頼を得ていきたい」と語った。

新しい背番号のユニフォームにそでを通した高城選手
新しい背番号のユニフォームにそでを通した高城選手

仏壇展示品クリアランスセール

供養の想い【引き継ぎやすい仏壇】を リビングに置ける仏壇が特価 1月13日迄

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

「死」から「生」考える

「死」から「生」考える 社会

僧侶と医療従事者が対談

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

ブラサカを体験

菊名小児童

ブラサカを体験 スポーツ

区出身・落合啓士さんが指導

1月23日号

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ 文化

新羽町 西方寺で

1月23日号

小売店でフードドライブ

市資源循環局

小売店でフードドライブ 社会

食品ロス削減へ

1月23日号

地域の健康を守る

区医師会

地域の健康を守る 社会

新年合同班会

1月23日号

感謝の想い、歌に乗せて

感謝の想い、歌に乗せて 文化

日吉出身・須田寛太さん(22)

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク